WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Tha truth ! / Makin' moves...everyday

97年作。全12曲。
ネタ使いの曲や客演にRed man や Keith murray、プロデューサーにErick sermon参加してたりHiphop色の強い女性3人組グループです。Hiphop色強いけどしっかりメロウな部分はメロウだしHiphop soulとしての完成度はかなり高いと思います。歌はあまり主張が強くないですが、それがコーラスや曲との親和性を強めていい感じのスムースさや世界観を作っているように思います。
曲は正直捨て曲ないので好きな曲だけ挙げると、このグループの歌唱の特徴が出ているかわいらしいスロウ「Don't rush」「Candy」、粘度高めな歌唱が夜っぽさを高めてくれる「U better be ready」、IntroのKenny greeneが完全に主役な「What u do 2 me」、大ネタ「Between the sheets」使いの「Makin' moves」、個人的には一番好きなGuyの「Piece of my love」使いの切ない胸をかきむしられるようなスロウ「If i show u」です。
時代問わずいい曲だと思うし、安いのでおススメです。
おすすめ度★★★★★(5.0) [Tha truth ! / Makin' moves...everyday]の続きを読む
  1. 2017/03/05(日) 10:08:49|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mind / Is that the way?

92年作。全11曲。
Gene GriffinがProduceしたデュオ。
デュオなんだけど掛け合いはなく、全曲の作曲にZ.Muttazzという人が絡んでるのでこの人+シンガーみたいな感じのように思います。シンガーとしては声は高めのテナーです。結構幼く聞こえる声をしています。
曲はやや古目で90年くらいの音の感じです。アップはバキバキでその時代が好きならって感じです。今聞くならミッド~スロウでしょう。曲のクオリティは時代性が強く出ていますが悪くないです。
おすすめはミッドだと「Meet the halfway」、一番好きな夜向けのミッド「Right or wrong」。スロウなら「Seasonal lover」と「Exception」が夢見心地なスロウで甘くてたまらないです。
90年くらいがツボなら買いです。
おすすめ度★★★☆(3.5) [Mind / Is that the way?]の続きを読む
  1. 2017/02/19(日) 10:08:44|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

South Boarder / Platinum Edition Episode III 

05年作。全15曲。
フィリピンのセルフ・コンテインドバンドです。Platinum editionってことでPVなどが入ったディスクがついてます。また、そのせいで変形ジャケです。この時は7人組で2リードボーカルです(あとキーボード担当のリーダーも歌えます)。声質はアジア系らしく癖がなく、ばかうまいタイプではないですがツボを押さえた感じです。曲が無茶苦茶良いです。美メロで良い意味で万人受けするメロディで特にスロウがかなりハイレベルです。
おススメはやっぱりスロウで、ピアノの旋律を生かしたシンプルだけど綺麗なメロディの心洗われてしまいそうな「Whereever you are」、これまた美メロでファルセットも交えた歌心あふれる「Best that i can」、このバンドの代表曲でRemixもまったくテイストが違うけどどちらも最高な「Rainbow」、スムースで抑え目な歌唱も心地いいミッド「Usahay」、個人的に一番好きなのは一番バンドっぽさが出てるスロウで、ツインボーカルの色もよく出ていて歌的にも一番聞きどころが多いと思う切ないスロウ「Too crazy」です。
他の曲もいいですよ!フィリピンのCDを取り扱ってるようなお店なら買えるかもしれません。
おすすめ度★★★★★(5.0) [South Boarder / Platinum Edition Episode III ]の続きを読む
  1. 2017/02/12(日) 01:10:11|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Justice / your reflection

07年作。全16曲。
ナッシュビル出身。キャリアとしてMTVの番組企画「Making the Band」のレギュラー出演やTyreseの最新ツアーのオープニング・アクト等のメジャー絡みのものもかなりこなしている実力者である。(HMVより)
悪く言えばベタですが、変に奇をてらわない歌声、サウンドが魅力です。NJS以降の2000年代のR&Bの正道を言っている感じがするので万人におススメできる良盤だと思います。
殆どおススメですが、個人的に好きなのは、多重コーラスの歌声が切なすぎるスロウ「What if」「What are we gonna do?」、Stargate的美メロの世界観がたまらない「Where did you go?」「Relax」、音数が少ない分余韻を感じるスロウ「Is it worth it」、デジャヴ感あるメロディなのにやっぱり惹かれる「Confused」、実直な作りのスロウ「Only one」、一番は中身に反してメロディやコーラスに可愛らしさを感じるミッド「Need to know」です。
良いアルバムです。Amazonで買えそうです。
おススメ度★★★★☆(4.5) [Justice / your reflection ]の続きを読む
  1. 2013/01/08(火) 23:27:48|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tabernacle / jesus is calling

99年作。全10曲。
Miki bleu作の曲が2曲収録のコンゴスグループ。
実はこのグループアカペラグループなんです。歌力はかなり高くアップはかなりグルーヴィだし、スロウはコーラスの繊細さが見えてかなり良い。のだけれどもやっぱりアカペラなのでちょっとおススメできないし、メロディのある曲を聴きたいなぁと身もだえするグループです。
Miki bleuに惹かれてもアカペラ好き以外は買わないほうがいいと思います。
  1. 2012/12/16(日) 18:32:13|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ