WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

South Boarder / Platinum Edition Episode III 

05年作。全15曲。
フィリピンのセルフ・コンテインドバンドです。Platinum editionってことでPVなどが入ったディスクがついてます。また、そのせいで変形ジャケです。この時は7人組で2リードボーカルです(あとキーボード担当のリーダーも歌えます)。声質はアジア系らしく癖がなく、ばかうまいタイプではないですがツボを押さえた感じです。曲が無茶苦茶良いです。美メロで良い意味で万人受けするメロディで特にスロウがかなりハイレベルです。
おススメはやっぱりスロウで、ピアノの旋律を生かしたシンプルだけど綺麗なメロディの心洗われてしまいそうな「Whereever you are」、これまた美メロでファルセットも交えた歌心あふれる「Best that i can」、このバンドの代表曲でRemixもまったくテイストが違うけどどちらも最高な「Rainbow」、スムースで抑え目な歌唱も心地いいミッド「Usahay」、個人的に一番好きなのは一番バンドっぽさが出てるスロウで、ツインボーカルの色もよく出ていて歌的にも一番聞きどころが多いと思う切ないスロウ「Too crazy」です。
他の曲もいいですよ!フィリピンのCDを取り扱ってるようなお店なら買えるかもしれません。
おすすめ度★★★★★(5.0) [South Boarder / Platinum Edition Episode III ]の続きを読む
  1. 2017/02/12(日) 01:10:11|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Justice / your reflection

07年作。全16曲。
ナッシュビル出身。キャリアとしてMTVの番組企画「Making the Band」のレギュラー出演やTyreseの最新ツアーのオープニング・アクト等のメジャー絡みのものもかなりこなしている実力者である。(HMVより)
悪く言えばベタですが、変に奇をてらわない歌声、サウンドが魅力です。NJS以降の2000年代のR&Bの正道を言っている感じがするので万人におススメできる良盤だと思います。
殆どおススメですが、個人的に好きなのは、多重コーラスの歌声が切なすぎるスロウ「What if」「What are we gonna do?」、Stargate的美メロの世界観がたまらない「Where did you go?」「Relax」、音数が少ない分余韻を感じるスロウ「Is it worth it」、デジャヴ感あるメロディなのにやっぱり惹かれる「Confused」、実直な作りのスロウ「Only one」、一番は中身に反してメロディやコーラスに可愛らしさを感じるミッド「Need to know」です。
良いアルバムです。Amazonで買えそうです。
おススメ度★★★★☆(4.5) [Justice / your reflection ]の続きを読む
  1. 2013/01/08(火) 23:27:48|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tabernacle / jesus is calling

99年作。全10曲。
Miki bleu作の曲が2曲収録のコンゴスグループ。
実はこのグループアカペラグループなんです。歌力はかなり高くアップはかなりグルーヴィだし、スロウはコーラスの繊細さが見えてかなり良い。のだけれどもやっぱりアカペラなのでちょっとおススメできないし、メロディのある曲を聴きたいなぁと身もだえするグループです。
Miki bleuに惹かれてもアカペラ好き以外は買わないほうがいいと思います。
  1. 2012/12/16(日) 18:32:13|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Soultry / same

95年作。全11曲。
スーツ姿+セピアジャケがなんとも歌える感を醸し出してる4人組。
アップはウェッサイ調のピーヒャラシンセに固く強調されたスネアが特徴的。スロウのほうが幅広く、特に泣きのスロウがバリエーション豊富だし内容も抜群。
おススメはアップも素敵ですが、スロウです。Soul conventionプロデュースの甘いメロウなメロディに、ハイトーン目だが落ち着いたコーラスに涙誘われる「What i want」、女性ボーカルも加え厚みを持たせた濃密スロウ「Sex in the rain」、Mint conditionのStokleyがプロデュースに参加した「Can i get to know you」、Mintらしいスロウの「Where do broken heart belomg」、じっくりとコーラスを聞かせる「I know all long」がおススメ。
良いグループです。安いし。おススメ。
おススメ度★★★★(4.0) [Soultry / same]の続きを読む
  1. 2012/12/02(日) 20:04:41|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Heat / fahrenheit

05年作。全18曲。
アリゾナのボーカルグループの2nd。
アップは見た目通り悪そうだけど歌心を忘れていなくて大変かっこいいし、パワーを感じる。スローは正統派で90年代を思わせるような濃密なコーラスを聞かせてくれて、アップともどもコーラスグループの良さを味わえる。
アップだとおススメはタイトル通りのアガる曲「We came to party」、掛け声で気持ち良くなりつつしっかり美メロしてるミッド「Let me be the one」、ゆるゆるな浮遊感たっぷりのミッド「Down to ride」
スローだと、喘ぎ声もガッツリ入ったエロ系のスロウ「Freak with me」、けっこう音数が少なくて隙間が多いメロディなはずなのにコーラスが曲に厚みを与えて感じさせない「Deja vu」、雨音のSE、、甘さ控えめに爪弾かれるギターの音色、分厚いコーラスの作り上げる世界観が90年代好きの琴線に触れてくる「Say lady」、一番はベタベタの美メロに負けていない歌力に感情がこみ上げてくるようなスロウ「You all i need」が最高。
安いんでぜひぜひ。
おススメ度★★★★☆(4.5)
  1. 2012/11/23(金) 10:03:36|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ