WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Keystone / Tears falls in brooklyn

97年作。全14曲。
Questレーベルからのお蔵入り盤。「Sprung」というサントラにも一部曲が収録されてます。
詳しい事はb2さんのホームページが詳しいです。
内容は90年代中期のHiphopソウル期で培われてきたソウル回帰とは違う、メロウな生音のサウンドと、ちょっとハスキーで泣きの入ったテナーが絡み、おそろしく完成度が高いアルバムになってます。特にスロウは涙腺を刺激するような曲が多く、泣きの曲調が好きならば、間違いない出来となっています。
個人的におススメ曲はスロウです。ミッドも「I wanna be where you are」やベースの効いたクールの振る舞いの「I can't live without you」もいいのですが、スロウの方が破壊力高いです。
と言う事で、サントラ収録曲の泣きのスロウ「If ain't love」、Remixなのだが、「If i」と同オケに聞こえる(歌詞は違う)「If ain't love (remix)」、もちろんこちらも素晴らしい「IF I」、静かに引き気味のサウンドだからこそボーカルの熱さが映える「I can't stop thinkin' 'bout your love」、コーラスの女性ボーカルも含めて艶っぽい感じが漂う弄られているようなスロウ「Do you remember」、キラキラ系のイントロから切なすぎる「Didn't you see me cry」、抑え目のコーラスにリードが甘く絡むイントロからヤラれるドラマチックなスロウ「Tears falls in brooklyn」です。
泣きの曲調がツボなら間違いない一枚です。
おススメ度★★★★★(5.0)

あと、5周年を迎えたみたいです。だからと言って何もしないのですが(汗)
そうだから気負わず長く続けたのだと思います。
最近、よく行く祐天寺のOHIOさんにこのブログのことがバレて焦りました(笑)
それでもまぁのんびりとやってこうと思います。10周年とか行けばいいですね。

スポンサーサイト
  1. 2011/09/19(月) 11:52:15|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Ph factor / same | ホーム | Soulstone / musiclovetruth>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gangstalean.blog76.fc2.com/tb.php/425-9f92455f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)