WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

T geen / Oranized kaos hour 2

95年作。全12曲。
「ドラマティックスのバックでベースを担当し、90年代にはスヌープ・ドギー・ドッグ『Doggystyle』ですべてのベースラインを弾いたトニー・グリーン。」(bounce.comより転載)のコンピの2枚目。
殆どが無名ながらも優秀なシンガーが多く、中でも5人組のPinnacleがツインリードとコーラスの掛け合いとかのコーラスグループの妙味を兼ね備えた感じだし、甘酸っぱいリードの緩急つけた歌い方の甘さも最高で素晴らしいです。曲も甘い曲から粘り気の強いミッドまで幅広く兼ね備え、多少のチープさはあるもののそれすら甘さと感じる雰囲気たっぷりの楽曲が並びます。
おススメはピーヒャラシンセが効いた粘り気の強いErickというシンガーのミッド「Which every way you want」、多分79年にアルバムを出したドラティックス絡みのグループだと思うFive specialの跳ね系ミッド「Tell me what went wrong」、96年にシングルにもなった貫禄のトロ甘スロー、Dramaticsの「Try love again」、そしてPinnacleの高音コーラスが胸をかき乱してくる優しげなスロー「Can i trast you」途中に「語り」は入るこれまた甘いスロー「On my own」が最高。
本当に甘くていい曲多いです。
おススメ!
おススメ度★★★★★(5.0)
organickaos.jpg

organickaos2.jpg




Organized kaos -02- Which every way you want it - Erick.mp3 -

Organized kaos -11- Try love again - The dramatics.mp3 -

Organized kaos -08- On my own - Pinnacle.mp3 -
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 17:12:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あけましておめでとうございます | ホーム | Kendrick jackson / stay alive>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gangstalean.blog76.fc2.com/tb.php/257-a2c68848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)