WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Ⅲ frum tha soul / Time waits for no one

11年作。全13曲。
93年の「What cha missin'」でおなじみのグループの3rd。
路線としては2ndの路線を踏襲している感じに思います。黒く重い感じでボーカルもBig jimが相変わらず熱くて最高です。ただ全体的にやや地味ですね。
おススメはスムースミッドの「Personal ride」、ピアノの綺麗な旋律がまた涙を誘う熱さを秘めたスロウ「4ways」、軽めのテイストがまたツボな「Close but no cigar」、ゆったりしたメロディなのでBig jimの歌声のふくよかさが味わえる「Make a movie」、このグループらしい重さを湛えた「Where you want to be」、ミッド系の中ではこれが一番完成度の高いと思う「Dance for me」、甘やかなメロディ、コーラスで心から蕩かせるスロウ「You & me」がおススメ
手に入れやすいのでまだの人はぜひ。
おススメ度★★★★(4.0)
[Ⅲ frum tha soul / Time waits for no one]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/05/20(日) 16:20:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Christon gray / Even with evil with me

11年作。全13曲。
基本的に作曲から楽器までなんでもできる人みたいです。
生音系で、stevieフォロワーって言われそうなテナーです。曲調はアップからスロウまで幅広く取り揃えていて飽きるということはなく、1枚通して楽しめる良いアルバムです。
おススメはフルートが軽やかなミッド「Flamingo」、「Forget me nots」系のディスコ調ダンサー「Duplicate」、ピアノメインで弾き語りっぽい感じの「Even with evil with」、よりハスキーなボーカルのDemond readが参加した切ないスロウ「Reign」、Fred hammondカバーの「Mender of broken hearts」もかなり最高。妖しい曲調の「Who better」、胸をうつ真摯なスロウ「Isle of you」です。
かなり良質なアルバムなんでおススメです。
おススメ度★★★★★(5.0)
[Christon gray / Even with evil with me]の続きを読む
  1. 2012/05/12(土) 15:29:04|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Anthony harrell / Kathy

11年作。全13曲。
最近2ndも出した元BRATHAの人。
全体的に軽くて可愛らしい曲が多い感じですね。歌もそれに合って軽めのテナーなのでばっちりです。
おススメ曲は特に可愛らしさが出てると思うミッド「My baby」、「That's you」、「Don't make me say goodbye」、柔らかい印象を受けるトラックに切々と歌う「Love is」、珍しく重く切ない系の「Passenger seat」、たぶん多重コーラスを重ねた「As accapella」も爽やかで良いです。
たまにはこういうのも良いですよね。
おススメ度★★★☆(3.5) [Anthony harrell / Kathy]の続きを読む
  1. 2012/05/06(日) 01:24:58|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2