WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Kazual / Back from th future

10年作。全15曲。
04年にMixfit mindsを出したグループの2ndです。
歌は年相応に若く、綺麗なコーラスをします。ベタとも言える美メロ系のスロウとの相性は良く自分達で製作のかなりの部分を参加しているだけのことはあります。アップも若いグループだけあって、爽やかなコーラスを使いきっちり乗りこなしています。ややアイドルっぽい感もありますが、そこは好みの範疇だと思います。ただ、ちょいと曲が古めなのは否めないですね。
おススメというか気に入った曲は、アップだと、ポップ味が強い「Get down」、メロディで飾り立てず、コーラス多目で勝負した「Gangsta」、重めのメロディでありながら軽やかな「Can't take my eyez off her」
スロウはハープっぽい感じの美メロが好みならおしなべて出来が良く、ベタベタのメロディながら抗えない「Perfect man」、やや重く切なさを湛えて、若さ一辺倒ではない感じを出す「Lifetime commitment」、このアルバムで一番お気に入りの、コーラスも確かでメロディにも浮ついた感じのない正統派のスロウ「Truth is...」です。
今年はインディにもコーラスグループが少なかったので点が甘目かもしれません、
ですがこのご時勢にアルバムをキッチリ出してくれるだけでもありがたいって物です。
来年はコーラスグループが豊作だといいなと思います。
おススメ度★★★★(4.0)

kazual.jpg
kazual2.jpg


[Kazual / Back from th future]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 00:00:35|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Coop D Belle / Can't give up

10年作。全15曲。
名前を見る限りではご夫婦っぽいデュオ。03年に「Love life changes」を出した24/7にいた人みたい。
楽曲は全てではないが基本的に男の方のDerrick “DC" Cooper が作っており、サウンド的に今の音に目配せをしつつ昔気質な実直なR&Bをやっている感じ。歌の方もキャリアを感じさせる深みのある歌唱をしており、ガツガツした感じより熟成した感じの歌唱をするように感じます。
おススメはオートチューンが飛び出す軽妙なタッチのミディアム「Play with me」女性の方のソロ作で落ち着いた歌い方で実力を見せ付ける「Can't give up」90年代前半の文法で作られたスロウ「Fall-n luv again」、実はそんなに多くないデュオ形式のスロウ「U R the 1 4 me」紹介するには遅過ぎだけどいい感じのクリスマス曲「It's christmas」、雨音のSEとマッチしたエフェクトをかけた歌声の使い方のうまい「U don't luv me」、「U R the 1 4 me」と同オケの歌いなおしだけど、個人的にはこっちの方が好きな「Old school luv」です。
90年代前半の香りがします。この辺の時代のスロウが好きな人におススメです。
おススメ度★★★★(4.0)

coopdbelle.jpg
coopdbelle2.jpg
[Coop D Belle / Can't give up]の続きを読む
  1. 2010/12/26(日) 04:05:32|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Troy johnson / same

更新滞ってすみません。
Lock danceの発表会だったり、風邪引いたりで間を空けてしまいました。

05年作。全11曲。
モータウンからデビューしたらしい人の5枚目。
曲は基本的に自分が書いています。甘い語り口に合った正統派の美メロで、キャリアが長い為か引き出しがなかなか多く飽きるという事はないです。ミディアムでは気持ちが良いほどほどのグルーヴを持ち、万人に聞かせることが出来るアルバムだと思います。
おススメは美しいピアノと適度に立ったビートが馴染むような気持ちよさを持つ「It's you」、90年代中期くらいの跳ね具合がちょうどいい「Give your life」「Goin' over」、ファルセットを使いやや大人な感じに仕立てた「Man / Woman」、歯切れのいいギターの軽快なミッド「Little bit o heaven」、この時期にピッタリな「Bells and whitsles」、そして「When i think of you」、「Everything and more」、「I can't live without you」の流れは美メロ好きにはたまらないです。特に「Everything and more」はコーラスのみから入るイントロからがっつり掴まれます。
ここまで聴きやすく、綺麗なアルバムもそうないと思います。安いし。
濃い人には喰い足りないかもしれないですけどね。
おススメ度★★★★☆(4.5)
troyjohnson.jpg
troyjohnson2.jpg
[Troy johnson / same]の続きを読む
  1. 2010/12/18(土) 21:35:36|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Oscar snow / Just call me

01年作。全11曲。
以前紹介したシンガーの2nd。
前に比べてスロウ系が増え、ビートがチキチキ系に。歌唱もやや甘くなったような気がします。全体的に出来はいいのですが、なんかパンチがないというか前ほどのグッと来る曲はなくなったような気がします。
おススメはアップだとZAPPの影響も見え隠れするダサめな「She talks to me with her body」
スロウだと泣き系の曲が秀逸で、タイトル曲の切ないスロウ「Just call me」、ややチキチキしたビートが目立つきらいがあるが雰囲気はバッチリな「Another sad song」、流麗なメロディはベタですがちょっと自己陶酔入った歌唱にばっちりはまった「Straight up about it」、タイトルどおりの明るい曲調の「Fantasy girl」も良いです。
悪くないです。そんなに高くないと思いますし。
おススメ度★★★☆(3.5)
oscarsnow.jpg
oscarsnow2.jpg
  1. 2010/12/05(日) 18:53:39|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0