WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

CJ / Welcome to the freakinie

97年作。全20曲。
ルイジアナ産のGangsta系のシンガー。211とかSilky slimとかローカルなラッパーさんも参加してるみたいです。
基本的にゴリゴリ系もメロウ系も全てG-RAPっぽいサウンド造りのように思う。歌は線が細いのでゴリゴリ系。ダーク系に合わせるとメロディの援護射撃がないのでややツラいところがあるように思います。
おススメはSilky slim参加のRap分多めの「Dream of baller」、ややシンプルにし過ぎなきらいもあるが、ライブ仕立ての「If u were mine」、これも音数が少なめだがメロウさは残ってていい感じの「More than friends」一番お勧めは切ないシンセの音色が線の細めの歌唱に合っていて哀愁漂う良いスロウ「Put your hand (on my love)」です。
トラックがちょっとイマイチですね。
マニア向けかな・・・。
おススメ度★★☆(2.5)
CJ.jpg
CJ2.jpg
[CJ / Welcome to the freakinie ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 23:11:06|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3rd avenue / Let's talk about love

92年作。全11曲。
R&Bにしてはめずらしく文系っぽい感じの3人組
その見た目通り誠実にコーラスを重ねるタイプのグループでファルセットも入れて丁寧に歌い上げる姿に好感が持てるグループです。
しかしアップはNJS系のバキバキのビートであんまりキャラクターに合ってないような気がします。一応Charactersとかがプロデュースしてる曲もあるんですけどねぇ…。
一方、ミディアムやスロウはその丁寧な歌唱が生かされていていい感じですよ。
おススメはアップだと、メロディがきれいでビートが抑え気味なので、歌がうまく生かされている「Let's talk about love」
ミディアム~スロウだとキラキラしたサウンドが控えめなファルセットやコーラスを生かす「Let's take our time」、「Love me just a little minutes」「One kiss」辺りが良いです。
なかでも飛びぬけているのが歌の品の良さがにじみ出てくるようなアーバンなミディアム「Show me」です。
とりあえずこのアルバムの肝はミディアム~スロウです!だから地味なグループなのかなぁ?
おススメ度★★★★(4.0)
3rd avenue
3rd avenue2
[3rd avenue / Let's talk about love]の続きを読む
  1. 2010/07/26(月) 06:05:42|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TQ / Gemini

09?年作。全17曲。
02~03年頃お蔵入りになったものが09年にitunesで売られるようになった作品。で多分この盤はそのブート。一応プレス盤だけどPromoとか何も書いてないし、ジャケも引き延ばしっぽい感じ。
中身はやっぱり良く、Westside系の音が多いけど、その中でもゆるめにレイドバックした曲の気持ちよさがたまらないです。
お気に入りは、はベタながらもこのレイドバック具合にあらがえない「I'll take you there」、Mutya Buena「Real Girl」ネタ?な「Think about you」、このアルバムの白眉とも言える曲調自体はゆるいのにJegged edge参加の為歌が濃厚になった「I remember」、個人的に大好きなのは、エレピの旋律もゆるさを倍増させるミディアム「I'd rather be with you」です。
無論他にもいい曲ありますがきりがないのでこのへんで。
Itunesで買えます。
おススメ度★★★★(4.0)
tq2.jpg
tq.jpg
[TQ / Gemini]の続きを読む
  1. 2010/07/19(月) 08:58:44|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jeffrey liggins / slip away

96年作。全12曲。
Houston産のシンガーです。
歌はシャウタータイプで、ややヘタれた雰囲気を出す節回しをしてそこが味かと思います。曲はなかなかレベルが高く、サウンドにもチープさはないです。アップからスロウまで幅広くそろえており、高品質ですが、アップはやや似通ったところがあり、スロウの方がどちらかといえばおススメです。
おススメはまずアップはATCQの「Hot sex」っぽいベースがすごくファンキーなアップ「Show me」、やや似てるものの煽りが入ってアッパーになった「Have some fun tonite」疾走感のあるNJS調な「Get to know ya better」
スロウだと粘り気のあるボーカルを生かした夜っぽいスロウ「Come home with me tonight」、やさしげな音色がもったりしたボーカルにガッチリ合う「Never get over you」「I'm your man」、生音中心の耳障りのいいサウンドにヘタれ具合が実直さを感じさせるボーカルと合う「Slip away」が白眉かと思います。
完璧な一枚。というわけではないですが、魅力を持った良盤だと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)
Jeffrey liggins
Jeffrey liggins2
[Jeffrey liggins / slip away]の続きを読む
  1. 2010/07/11(日) 18:13:11|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KS / Tell a friend

09年作。全18曲。
03,06年にアルバムを出したPromyscがメンバー減、名前を変えて出したアルバム。
実は03年のしか聴いていないのだが、そのときには楽曲が大分シンプルな感じを受けたが、今作は大分音数も増えて美メロ具合も増した感じ。エレクトロ系の曲もあるが大体美メロ系なのもうれしいところ。歌はシャウトしないヘタレ系で雰囲気で押す感じですね。
おススメはエレクトロっぽさを残したミッド「Minute」シリアスな印象の楽曲とやわらかな歌声の対比がいい「Ballad banger」余韻を残すようなハープ系のサウンドが非常に夜向きな「Change it up」、サウンドからコーラスまですべてがやわらかい個人的ツボ曲の「I hate him」他にも「I still」「Not OK」「Round & Round」「Worthless」などのオーソドックスな美メロスロウ群などもおススメです。
歌がヘタレ系なせいと楽曲の多さのせいで似通った曲が多く感じるのは玉に瑕ですが、なかなかいいアルバムだと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)
ks.jpg
ks2.jpg
[KS / Tell a friend]の続きを読む
  1. 2010/07/04(日) 01:23:13|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0