WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Company / Devotion

93年作。全10曲。
Michael j powellプロデュース曲も収録の7人組ゴスペルグループ。
Michael j powell曲もあるけど曲の大半はメンバーのDonald lawrence(Tri-city singersの人かはわかりません)が絡んでいる。アップはビートがしっかりした後期NJS風味でスロウは90年代前半らしいキラキラしたロマンティックな曲で個人的にはツボな曲作り。なんだけどちょっと曲のパンチが弱いのか印象に残りづらい感じもある。でもコーラスの厚みもあって全体的にはなかなかの作品だと思います。
おススメはアップだとゴスらしい楽しさに溢れた「Someone's praying for you」。ミディアムだと「Sweeter than sweet」、Stevie Wonderのアカペラカバー「Love's In Need Of Love」もなかなか。スロウはブラコンっぽさを大分残した音使いの「More today than yesterday」Michael j powellプロデュースな「Superman」「U make it right」そして個人的に一番は、海岸沿いなSEからロマンチックな路線を狙っている「A that's real」です。
安いと思うんで是非
おススメ度★★★☆(3.5)
company.jpg
company2.jpg
[Company / Devotion]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/03/27(土) 02:45:02|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chozen / two different styles brought together

00年作。全8曲。CDR(1stプレスはCDかも)
ディスクユニオンではトリオとして紹介されていた盤。でも裏ジャケを見るとデュオっぽいんだが?
内容はなかなかで90年代的なメロウさを持ったスロウからHiphopsoul時代っぽいアプローチなミディアムまで幅広く収録してます。90年代中後期くらいの出来のいいインディに近い感じですかね。
歌もファルセットを駆使するし、リードも複数いるっぽく(歌だけ聴くとトリオくらいはいそうな感じではある。)バカウマなシンガーはいないものの掛け合いなどで楽しませてくれます。
おススメはほぼ全曲で気がいいのですが、スクラッチを交えたビートやピーヒャラ一歩手前のシンセ具合がハードな印象のミッド「Look no further」、音色のメロウさ加減がブラコンくさいスロウ「What must i do」柔らかいギターの音色と適度に締めるシンセの押し引き具合に癒される「Kiss and tell」ファルセットを駆使した濃厚な歌唱に、濃厚な美メロがガッチリ組んだスロウ「The biggest mistake」ビートがネタ使いでHip hop soul期の音に近い感触のなかなか優秀なミッド「Sexy weekend」、そして最後を飾るNJS期のキラキラ具合と畳み掛けるような歌唱、特に雨のSEに雪崩れ込むブレイクの部分はゾクってきました。
CDRだからか音質が悪いのがチト残念ですが素晴らしいアルバムです。
このCD高く売られているのを見ますが、おそらくCDなんでしょうね。(多分CDRはお安く手に入ると思います。)
いつかCDを手に入れてみたいです。
おススメ度★★★☆(3.5)
chozen.jpg
chozen2.jpg
[Chozen / two different styles brought together]の続きを読む
  1. 2010/03/20(土) 11:42:02|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Montez / 3:00 AM

99年作。全12曲。(裏ジャケ、CD盤面違いが2002年にでてるそうです)
ボストンの方の人の多分唯一作。
声は結構ナヨ系。でも素直に歌ったり、やや粘着質に歌ったり工夫は凝らすタイプ。曲も基本メロウだけどウェッサイっぽい曲やハネ系っぽいミッドもあったりしてこちらもバラエティ豊か。
おススメはキラキラ系のトラックに粘着質に絡む「Need to understand」こちらもキラキラしたメロウなトラックだがファルセットを多用しナヨっぽさをアップさせたミッド「What are you waiting for」シングル曲のギャングスタ系の「Hail to the ghetto」メロウかつ荘厳な濃い口のスロウ「New to you」「You don't know」も素晴らしい。個人的にすきなのはトラックとビートの跳ねた感じがたまらなく気持ちがいい「Simple things」です。
他の曲も総じてレベル高いです。
ナヨ系が好きならおススメです。
おススメ度★★★★(4.0)
monte.jpg
monte2.jpg
[Montez / 3:00 AM]の続きを読む
  1. 2010/03/13(土) 12:52:34|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jamm / I promiss

91年作。全9曲。
GEMINI名義で1枚出して、名前を変えてJamm名義では2枚目となるアルバムです。
中身はアップはちと古臭い面もありますが、ミッド~スロウはブラコン風味でかなりロマンチックです。歌も伸びのあるテナーが落ち着いた佇まいでこれまたいいです。バックにKipper jonesがいたりしますしね。
おススメは甘々なロマンチックスロウ「You give good love」、ややビートがダサいのが気にならなければ素晴らしいミッド「Can't you see」、サックスもまたムーディさを盛り立てる「I promiss」語りがガンガン絡んでくるのが面白いミッド「The games we play」もいいです。
個人的に一番はZan「Want to be with you」系の爽やかなNJS「One plus one」です。ピアノの跳ねた感じも含めて聴いてて楽しくなる曲だと思います。
「One plus one」は地味にいい曲だと思うのでNJS好きに、あとブラコン好きにおススメです。
おススメ度★★★☆(3.5)
jamm.jpg
jamm2.jpg

[Jamm / I promiss]の続きを読む
  1. 2010/03/06(土) 14:24:07|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0