WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Lucas teague / the story of

07年作。全25曲。
カナダのボーカルグループみたいです。
歌は線が細い感じですが、オートチューンを使ったり、繊細にコーラスを重ねて線の細さをカバーしています。かなりコーラスにオートチューンを使うのでそれが特徴なグループです。曲はバウンシーなアップもあり、そこそこいけるのですが、メランコリックな感じのスロウが多く、それがまた繊細な歌に合っていてなかなかの出来です。
おススメは陰鬱な美メロというこのグループらしい「When she knows」「you chose him」、ポロポロしたハープ系の音色が甘い「Last phase」、明るく爽やか目な「Stuck」、ゆったりとした曲調に繊細かつオートチューンの揺らぎのあるコーラスが絡み、蕩かされる「Rest of me」「Jaded」辺りがおススメ。
けっこういいグループです。難点を言うなら歌にメリハリがやや欠けるのでどの曲も似た印象になりやすいところでしょうか。
Lucas teague
Lucas teague2

[Lucas teague / the story of]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/12/27(日) 12:07:24|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

David josias / Ghetto love


00年作。全13曲。(2ndプレスはCDR、盤のみ?、05年作となってます。)
96年に「In my life」を出した。David josiasの2nd。
「インディ界のJOE」って呼び名がついているらしいですけど、全然似てないです。
歌声はかなりハスキーで、シャウトするタイプではないですが、シャウトしなくてもすぐにわかる特徴的な声をしています。曲はけっこうゆるいタイプで、アップでもその歌唱と相まって独特のゆるさを醸しだしてます。
曲はどれも素敵ですが、選ぶならミッドならエフェクトをかけてもDavid josiasとわかるコーラスが耳に残る「It's a shame、ミョンミョンした電子音が入っていて妖しいサウンドに、ハード目の歌唱もイケる「Ghetto love」、Zapp 「Be alright」ネタの「Don't u forget」、グルーヴィかつユルいミッドダンサー「Woo」
スロウだと重めのスロウ「Ain't gone trip」に、ユルユルの極みなのに歌声のハスキーさが程よくユルすぎない「Get off 10」、Mindbrowinの続編とでも言えそうな「Handle dat」、シンプルかつ暗々としたトラックの「Young love」や、甘めな「I got u」、シリアスな「Anything」も素敵です。
かなり独自のカラーを持つシンガーです。
こういう個性のあるヤツがいるからインディってたまらないですね。
おススメ。
david josias


[David josias / Ghetto love]の続きを読む
  1. 2009/12/24(木) 20:01:18|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視聴について

なんかI meemがMyspaceに買収されたらしいですね。
そのせいで今までアップした視聴が全部パーになりました。

そこで当面 視聴はYoutubeにアップする事にしました。
過去分の消えたファイルですが、もし聴きたい曲がある場合はこちらのエントリーにコメントして頂ければアップ致します。

ただしいくつか条件があります。
・一つのアルバムで一曲(早い者勝ち)
・アップするファイルはインディかつ日本盤のないもの

まぁこのブログを見てくださっている人数的に要望はそんなにあるとは思わないんですけど
まぁとにかく、お気軽にどうぞ。

アップ報告も基本こちらのエントリーに行います
[視聴について]の続きを読む
  1. 2009/12/24(木) 00:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

V.A / Solid soul

00年作。全11曲。
カナダのアーティストのコンピレーション。
あんまり知らないシンガーが多いですが、トラック、歌唱ともになかなかのレベルで楽しめます。
おススメはWade O Brownのアルバム未収録のダンサー「No other woman」、Meesahという女性シンガーのキラキラしたミッド「She knows」綺麗目の歌唱に合ってていい曲です。360°という若手コーラスグループの1STシングルというちょっと地味目のスロウ「Anything & Everything」、ハスキーなテナーでこねくり回した粘着質な歌唱が魅力のKaybeの「I can't love you」もいいです。トークボックスモ絡むしやや退廃的な空気を含めてGっぽいSimply Eの「Na na」もかっこいいです。一番は「Feelin’ alright」でおなじみのCarlos morganの洒落たダンサー「Whacha got」です。あのハスキーかつ太いボイスはそのままにくぐもった歌唱は薄めにして万人に受け入れやすくかつ洒脱に仕上げたなかなかのダンサーです。
けっこう粒揃いなんで見かけたら買ってみてもいいかなと思います。

あ、あとCarlos morganのMY SPACEによると、ニューアルバムが2010年の5月にでるそうですよ。
あんまり期待できないけどほんとに出るなら楽しみー

solid soul
solid soul2
[V.A / Solid soul]の続きを読む
  1. 2009/12/20(日) 21:07:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brothz comin up / All nite long

94年作。全5曲。
G womackの在籍していたRAPグループのシングル。
「All nite long」と「Born and rised」の2曲とそのremixを収録。
「All nite long」はまずRadio versionとStraight remixは女性シンガーがサビでガンガン絡んでくるゆるいメロウなミッドで、この時代のG-RAPと聞けばなかなか。Big boy remixは「Too hot」ネタでサビはユルめのヘタウマな感じで歌ってくれます。
「Born and raised」はシンセなどゴリめな感じのトラックに、G womackがしっかりと歌いこんでくれます。ただ、あのファルセットはないです。
この時代のG-RAPとして聴けばけっこういい曲だと思いますが、まだシンガーとしてはヘタウマくらいな感じなので、マニア向け、G好き向けかなと思います。
brothz comin up2
brothz comin up
  1. 2009/12/13(日) 22:36:41|
  2. Hip hop
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jonestown / Ghetto butterfly

01年作。全15曲。
ドイツのデュオ。トークボックスが絡んだりラップ分が多い曲が多いからかG-RAP好きにも人気。
中身はとにかく隙がなく、Gよりなサウンドで、適度な軽さと渋いバリトンボイスが男臭さをプラスしたアップから、渋いバリトンがいいし、けっこう濃厚な味付けだけれどもどこかポップさ加味されていてディープさをいい感じに聴きやすく押さえたスロウまでとにかく最高です。
おススメはどれもいいので特に好きなやつを挙げると、アップだとRAP分多めで4人組コーラスグループN-TRIGUEがボーカルの「Down 2nite」疾走感あふれる「Too late」、それと代表曲の「How could you say」ファンキーなオリジナルバージョン、トークボックスが絡んでG好きの人にも人気なTriple D remixどちらも最高です。ミッドだと「I approgize」がすきかな。
スロウだと多分一番濃密な「Ghetto butterfly」、こちらもかなり濃密で、メロディはこちらの方がしっかりしている「Take my time」。琴みたいな音色とか鈴とか音からアジアンテイストでかなり面白い「China doll」、美メロ具合ではアルバム随一だし、N-TRIGUEがコーラスで参加し歌も分厚くなった「Father」が最高。終盤の子供声もグッときますね。
各所で褒められるだけあるいいアルバムです。おススメ!
jonestown.jpg
jonestown2.jpg
[Jonestown / Ghetto butterfly]の続きを読む
  1. 2009/12/06(日) 02:28:31|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0