WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Hillsie / same

96年作。全10曲。
トニーズタイプの3人組。
生音中心の楽曲は気持ちいいアップもしっとりと歌い上げるスローもなかなかです。歌も塩辛系のボーカルにいたないテナーの二本立てで、テナーのいたなさがツボに入ってきます。
おススメ曲はスローはとろけるような甘いトラックが素敵な「Fell for you」、生音したてで演奏も一部自分でやってる「For u」、いたないテナーにが胸をつく「Lay you down」。ミッドだとエフェクトかけた声が効果的なクールな「Games」ファンキーめな「Curiosity」。アップだとキラキラしてスムースなアップ「Yesterday」にギターの音色がファンキーな気持ち良いアップ「Soul music」がおススメ。
いたないところを含めて素敵なグループです。ジャケもかっこいいし。
安いんで是非。

hillside.jpg
hillside2.jpg
[Hillsie / same]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 13:44:16|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J Poww / the head liner

09年作。全18曲。
U.N.V、Poww brosとしても活動しているj powwのソロ作。
内容はオーソドックスなつくりだが今様のエッセンスもしっかり取り入れてる確かなつくりの楽曲に、多重コーラスのグループ仕立ての歌がのる感じ。この繊細に重ねられた多重コーラスがたまらない魅力となっています。
おススメはアップだとラップ分多めされど歌部分がなんとも甘い「Nobody else」、浮遊感あるトラックにコーラスが合わさりさらに浮遊感がアップした「Just saty」、コーラス多用した切ない系の「Miss u」
スロウだとライブ仕立ての「Feel good love song」、新味はないけど代表曲だけあって今聞いてもいいU.N.V時代のセルフカバー「Something's goin on」、同系統の「Y can't she b u」、112のQをFeatし、NextのRL、前述のQもライティングした目玉曲「Fall in love again」、一番すきなのはGerald levartプロデュースの「Who u gonna believe」です。
甘ったるい曲が1,2曲あるともっと好みだったのですが、今回のアルバムもいい作品です。
jpoww.jpg
jpoww2.jpg
[J Poww / the head liner]の続きを読む
  1. 2009/05/24(日) 21:47:28|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jeff murrell / broken man

08年作。全15曲。
Herb middletonプロデュースの今作が3枚目となるシンガーです。(2004年に出たセカンドはコンゴスだそうで)
全曲本当にメロディアスでメロディだけで蕩かされかねないですが、Jeff murrellの歌もまた凄く良くてあまりシャウトしないがファルセットや緩急のツボを押さえた確かな表現力の歌唱が声に大人の色気を滲ませて曲の魅力を倍増させてます。
全曲ホントに素晴らしいですが特にツボに入った曲は電話ごしっぽい処理をしたサビの押さえ具合が非常に上品な「Beautiful」、女性ボーカルとの絡みが入った適度なノリのミッド「Plans for you」、結構定番な感じの曲調なのにコーラスの綺麗さや曲の美しさがハンパないために引き込まれる「Inhal」e夜っぽい艶かしい曲調の「Interference」も素敵だし、これまたベタなのに抗えないお昼時に聞きたくなるような綺麗なスロウ「This far」、哀愁漂うのもいける「Remarkable」、表題曲にして、表現力の高さゆえに胸をきゅうきゅう締め付けるような切なさを湛えさせたスロウ「Broken man」とまぁもう最高すぎ。
ホントいい内容の作品です。90年代的な実直なスロウが好きな人には鉄板だと思います。
おススメ。
jeff murell
jeff murrell2


[Jeff murrell / broken man]の続きを読む
  1. 2009/05/17(日) 22:09:42|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Soulfruit / practse

02年作。全12曲。
なんか最近女性ボーカルを入れた3人組になり「VENERATE」とかいうアルバムを出したグループのたぶん1st。
歌に関しては申し分なくコーラスは良いし、ちょっとしゃがれたリードはいい味出していてかなりレベルが高いシンガーだと思います。ただ問題は曲の方で、音数が少な過ぎます。物凄くスカスカなサウンドで正直物足りなさを感じてしまいます。とりわけミッド~アップ系に顕著です。
おススメはスロー系で切なさを感じる曲調のものは音数の少なさが良い演出っぽく聞こえるのでとりわけおススメです。ギターのサウンドが切なさを掻き立てる幾分ソウル具合が強めなところも良い「Foolish」ミッドにしてはスカスカ具合が幾分少なめの「Rich men」、個人的にはアコギのシンプルなサウンドが良い演出となっている「How to love」浮遊感のあるサウンドはちょっと寂しいですがその分歌唱でカバーしている「Friends」の2曲がダントツに良いと思います。
ディスクユニオンで買えます。
soulfruit.jpg
soulfruit2.jpg
[Soulfruit / practse]の続きを読む
  1. 2009/05/11(月) 00:24:03|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yours truly / truly yours

91年作。全14曲。
甘茶ソウル百科掲載のMotown産の三人組。
スーツ着用の見た目どおり昔気質のトラック満載で今でも普遍的な輝きを保っている名盤です。歌ももちろんですが、スロー~ミッドに固められている曲の出来が地味ながら良く、91年のわりに程よいハネ具合のミッドに、ブラコン風味のムーディなスロウどれも捨て曲なしでかなり良いです。
おススメはミッドだとキラキラしてるが品良くまとめられている「Come and get it」かわいらしい女性コーラスとファルセットコーラスの妖しさの取り合わせが印象深い「All of me」
スローはどれも素敵なのですが、アルバムでもとりわけ昔気質な「Hold me」、デュエットだけあってムーディさは頭抜けている「Gonna miss th one」、温かみのあるコーラスがじんわりと心蕩かせる「I don't wanna lose your love」あたりが個人的に好きです。
安く手に入る盤ですのでおススメです。
yours truly
yours truly 2

  1. 2009/05/06(水) 22:02:25|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Andre de lange / worth the wait

97年作。全12曲。
スウェーデンのシンガーで「blacknuss」というグループの人だそうです。
中身はアーバン風味のR&BにJAZZ風味を落とし込んだ曲調に、Andre de langeの洒脱なボーカルがのるという、万人におすすめしやすい聴き易いアルバムとなっています。
おススメは程よい疾走感が夜のドライブにぴったりな「Heaven sent」ホーンの音にクワイアっぽいコーラスが楽しい「Such a treasure」、このアルバムの洒脱さがよくでているまったりした「Child again」、アーバンくささが魅力な「Only god love」「Wish is my command」、スローだとほどよいゆるさが魅力な表題曲「Worth the wait」です。
「A friend」は言わずもがなの名曲ですがそれ以外もいいので是非是非。
andre de range
andre de range2

[Andre de lange / worth the wait]の続きを読む
  1. 2009/05/04(月) 22:41:26|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lil' duce / i got what cha need

08年作。全22曲。CDR
見た目どおりG系のシンガーさんです。
曲は半数以上が南部っぽいナンバーが多く美メロ度合いは低いです。声も塩辛で甘さは控えめ。
おススメは数少ない美メロナンバー。Ghost town dj's 「My boo」使いの「Ghetto bug」と正統派の切ないメロディに哀愁たっぷりの渋ボイスがのる「Playa 4 life」が双璧をなす感じです。個人的にすきなのはサビの男クサさがたまらない「Player like me」あとは「Blunts」もすきです。
南部っぽいのがすきなら手を取ってみてもいいかもしれません。

lil duce
lil duce2
[Lil' duce / i got what cha need]の続きを読む
  1. 2009/05/02(土) 21:55:43|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0