WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Chris hawkins / brighter day

99年作。全11曲。
ロスの方のコンゴスシンガー
歌が無茶苦茶うまいです。Luther並みと言えばいいのか同じインディのアーティストで言えばCornell stone並みにうまいです。系統も同じ感じだし。色気を溢れかえさせている様な歌唱ができるのもポイント高いです。曲もレベル高いですが特にアップになると80年代っぽい感じがするのは好みではないですね。スローだと色気溢れる歌唱にあって素敵すぎるのですが。
おススメはミッドダンサーだと「Come into my house」が品のいい大人な感じ漂うミッドでいい「Father」もすこしうるさすぎる感もあるがこれもなかなか。
スローだとシタールみたいな弦の響きもうつくしい美メロな「Never been in love」、後半から入るサックスと女性シンガーとの絡みが切なさ倍増な「Do you love god」、女性シンガーとの激唱が聴きものな「Bridge over trouble water」ちぎられるような切ないこねくりまわしたような切ない歌唱をする「The potter's house」。
そして個人的に一番の曲があえて抑え目にこねくり回して歌う様に色気が溢れかえっているアーバンスロウ「Never let you go」蕩けますよ!
いいシンガーです。おススメ。
おススメ度★★★★☆(4.5)
Chris hawkins
Chris hawkins2

[Chris hawkins / brighter day]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/07/25(金) 22:50:01|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Oliver who shaka who who ?

92年作。全13曲。
DJ Yoshifumiさんの「The swing lesson 1」に収録された「Clever」が入っているCD。
内容は正直ガチャガチャしてるというか、POP色が強いかなと感じます。歌は線が細めのハイテナーです。
けっこう癖が強いのであんまりおススメ曲はないのですが、まだ聴けるのは跳ねるようなミッド「Penny love」、唯一の美メロスロー「Fantasy」、まだおとなしい方だと思う「Sha na na」
あとは前述の一癖あるメロディがなんとも怪しいダンサー「Clever」です。
Book offとかでもちょくちょく見かけると思うので「Clever」の為に買ってもいいのならいいのではないかと思います。
おススメ度★★(2.0)
oliver who
oliver who2
[Oliver who shaka who who ?]の続きを読む
  1. 2008/07/21(月) 22:43:49|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sounds of life / unity

95年作。全14曲。
シカゴのキッズグループ。
セルフプロデュースで多分作っているのは表ジャケの真ん中の子。楽曲のレベルはかなり高く、音数が少ないのを除けばアップからスローまで高レベルで殆ど捨て曲がない。
また歌もレベルが相当高く、塩辛系のテナーと甘酸っぱいテナーのツインリードで両方とも子供とは思えない歌唱をする。またコーラスもこなれておりこちらも良い。
おススメはタイトル曲のNJS「UNITY」シングル曲のスロー「Hush」同じくシングル曲でフルートの華やかなメロディなのにもの悲しくなる歌唱をする「Baby love」がいいのは勿論だが、
それ以外の曲もレベルが総じて高い。アップなら溌溂しているがやっぱり大人じみている「Alright」キッズグループっぽい「P.O.P」も面白い。スロー系は歌唱が素晴らしい為殆ど絶品だがあえてあげるなら「Ecstasy」「Big daddy's home」「Is money all about you」「through the storm」辺りが個人的に好きです。
結構いいアルバムなのでおススメですよ。
おススメ度★★★★(4.0)
sounds of life
sounds of life2
[Sounds of life / unity]の続きを読む
  1. 2008/07/19(土) 00:52:14|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Southern relative / I want u 2 know

04年作。全16曲。
テキサスの歌力に定評のあるグループの作品。
このアルバムのキモはやっぱり歌。特にブ厚く男臭く重ねられたコーラスに心掴まれてしまいます。曲は出来自体はそこそこですが、歌力のおかげで相当出来が良いです。Elateの2ndに似ているかな。
おススメはアップ系ならタフなコーラスとバウンシーな曲がぶつかった「Do u want me」、壮大なコーラス連発アルバムの中でアクセントになる軽めのミッド「Tell me ur name」も好きです。
でもやはりこのグループはスロウ系が素晴らしい。シンプルなバックに歌が映える「Yesterday」「Evidence」、サックス、女性ボーカルが絡む「My king / gospel reprise」、ジェントルな雰囲気漂う夜向けスロー「Champagne」、一番出来が良いのは、荘厳さと美メロが同居した広がりのあるバラッド「I want u 2 know」です。
コーラス好き、歌バカ好きにはたまらない一枚です。
おススメ度★★★★☆(4.5)
Southern relative
southern relative2

[Southern relative / I want u 2 know]の続きを読む
  1. 2008/07/16(水) 22:43:55|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7 mile / same

98年作。全14曲。
マライアキャリーのレーベルから出たグループ。
JoeとかMarc C Rooney等が製作なので曲のレベルは総じて高いです。歌もズバ抜けたリードはいないですがハーモニーの美麗さはレベルが高いです。ただ曲も歌も整い過ぎていて特徴が薄いのが弱みかと思います。
おススメは、曲の完成度ならこの曲が一番高いであろうJOE製作の胸が締め付けられる「Learn to love」。Snoop Gの「Snoonin' rap」のベース部分が効いたシブ目のトラックがコーラスの華やかさを引き立てる「What you need」、サビのコーラスが沁みいる「I'll make it right」、軽めに仕立て上げられた「
Missing you」もコーラスの確かさを感じられて素敵です。個人的に一番すきなのはメロウかつ軽やかなダンサー「Spend the night」厚く美麗なコーラスもバッチリはまった最高のダンサーです。
安いし、良曲多数なのでおススメです。
おススメ度★★★★☆(4.5)
7 mile
7 mile2
[7 mile / same]の続きを読む
  1. 2008/07/12(土) 23:11:08|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Darnerien / My 1st 7

07年作。全7曲。
NFLの選手らしい人のアルバム。
内容は各所で書かれている通りエロ系のスロー中心の甘い内容で、歌い方など共に合わせてR kelly系。実際に影響を受けたアーティストにも挙げてますしね。
おススメは殆どの曲が良質なのですが、電話のSEや語りが入っているなどエロ系のツボをはずさないスロージャム「Lonely」、ミッドだとギターのシンプルなサウンドでスカスカなミッド「Stay here」も好きだし、「Who's that girl」のシークレットトラックも女性コーラスが入りエロ度が増して素晴らしい。一番すきなのは囁くような女性コーラスから始まるトロトロスロー「I (still) want it」。ファルセットもかまされる最高に甘いスローです。
甘いのが好きなら聴いた方がいいかと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)
Darnerien.jpg
Darnerien2.jpg
[Darnerien / My 1st 7]の続きを読む
  1. 2008/07/10(木) 19:52:46|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tim jackson / next of kin

06年作。全15曲
シカゴ出身でN2DEEPというグループにいた人らしい。セルフプロデュース。あとindasoulというプロデューサーチーム(Tina moore 「Never gonna let you go」など製作)のM-DOCがmixで参加
曲は生音系で気持ちが良く耳ざわりがいい曲が多く、個人的にはゆるい感じ時の曲が好み。声は軽くハスキーなテナーで適度な軽やかさを持っていて万人受けする感じ。
おススメはアップ系は「Chocolate paradise」が完成度が高いが、個人的には気持ちよく軽妙な生音に気持ちがいいテナーがのった「Can't get enough」、「Love thang」がすきです。ただし両曲とも短く終わりが中途半端なのが珠に瑕。
スロウ系だとコーラスのかもしだす味がなんともゆるい「Good 2 cya」コーラスが涙を誘うしっとりメロウ「A rose from concrete」も素敵ですが、なんといってもBobby womackのカバー「A woman's gotta have it」が最高。
国内盤が出たのも頷けるくらい良いアルバムですよ。
おススメ。
おススメ度★★★★(4.0)
Tim jackson
Tim jackson2

[Tim jackson / next of kin]の続きを読む
  1. 2008/07/07(月) 05:17:54|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Y.T style / The concept

93年作。全10曲。
クリーヴランド出身のカルテットの唯一作。
あんまり目立たないグループだがアップからスローまで幅広く取り揃えどれもかなり良質。歌声としては粘り気のあるしっかりとしたコーラスが特徴だと思います。
アップだと疾走系の爽やかな「You'll never find another」、ミッドだと多分このアルバムのベストである粘り気のあるコーラスとファンキーなトラックがカッチリはまりカッコよい「Wrath of the daddy mack」個人的お気に入りのキラキラミッド「Sugar Baby」オールドテイストな「It's ok」スロウだとツインのリードが活躍する「What can i do」夜向けのどっしりとしたスロー「Love alibi」がおススメです。
安いと思うので是非手にとってみてください。
おススメ度★★★★(4.0)
YT style2
Yt style
[Y.T style / The concept]の続きを読む
  1. 2008/07/05(土) 02:52:50|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0