WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Brandon hines / love music... falling in falling out

0?年作。全19曲。
近々日本でも流通するらしい、Brandon hinesの1st。
声はバリトン気味で苦しそうな歌い方をします。切ない曲調ではこの歌い方が抜群にハマり、多重録音のコーラスも加わると切なさが倍増します。スロー~ミッド中心の曲もなかなかのレベルで多重録音の使い方がうまいと思います。
おススメ曲はアップだとベースが効いた軽快な「Lipstick」ミッドだとサビの後が言葉では言い表せにくい不思議な感覚を持った「We need we」スローだと「フッフー」ってコーラスと曲調がなんとも切ない秋っぽい曲「Time to let u kno」キラキラしているが非常にシンプルな分、多重録音をうまく使っている「When it rain」あたりがおススメ。
Brandon hinesの切ない歌声が魅力的な一枚です。ま、もうちょっと華があるトラックがあれば・・・と思います。
おススメ度★★★☆(3.5)

brandonhines.jpg
brandonhines2.jpg
[Brandon hines / love music... falling in falling out]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/03/30(日) 00:57:32|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Julian / that thang

03年。全12曲。
テネシーの人の多分1stアルバム。
声はあまり癖のないテナーで伸びが良い。曲もそこそこ出来は良い。がアップは結構癖があるので歌をじっくり聴けるスローの方がおススメできる。
おススメはBPM速めの曲だとピコピコした電子音が特徴的な「Gotta go」がいいかな。「Shake ya body」もはっちゃけてて個人的には好きなんだけれどもね。スローだと結構シンプルな抑え目の楽曲の「That thang」ゴスペル的ドラマチックさを持った「Overtime」結婚式とかにも使えそうな多幸感あふれる「Love her in a special lady」かな。
いいテナーだと思います。
因みに07年にE.P名義でSupastarというアルバムを出しています。持っていないのですがCDBABYで視聴したところ結構ゴリ目のG-RAPでした。だけど表題曲の「Supastar」は多分Julianが歌ってるし、「BRAZILIAN RHYME 」のフレーズを使った「BAH-DE-AH」なんてかなりレベルが高い。Julianはほとんど歌ってないのでそれを期待するとダメだけどG-RAPとしては結構いいアルバムだと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)

julian2.jpg
julian.jpg

[Julian / that thang]の続きを読む
  1. 2008/03/23(日) 16:43:08|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Arele / just for you

96年作。全12曲。
テネシーのJODECIタイプのデュオ。
内容は前半アップで後半スローの構成。前半のアップはちょっとびっくりするくらいの初期NJSタイプの曲で正直おススメはできない。が一転後半のスローは夜向きのトロトロの甘スロー連発で聴き応えアリ。歌も両方とも歌えるけど特にハイテナーの美麗で柔らかい声はちょっと癖になりそうです。
おススメは勿論スロー。ピアノのサウンド、コーラスも沈鬱な「I'm done」オリジナルより夜向けのアレンジで、インディにしてはめずらしリミックスの方が出来が良い「Comin' back 2 u」そしてなんといっても3分弱の小品ながらハイテナーのエロさが堪能できる「Welcome (arele's world)が最高!
ただスローは良質ながらも前半は正直キツいし、スローもちょっと曲調が似たり寄ったりなんでちょっとおススメしづらいアルバムですね。高いし・・・ただ無下に切り捨てるには非常に惜しいアルバムです。
インディマニア向きかな・・・?あとハイテナーすきなら。ま、買うならとにかく視聴してからってことで。
おススメ度★★★(3.0)
arele2.jpg

arele.jpg
[Arele / just for you]の続きを読む
  1. 2008/03/16(日) 01:55:31|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Everis / with love ... from me 2 u

99年作。全15曲。
UKのインディシンガー。同名の7曲入りサンプラーがありますが、全てこのアルバムに収録されています。
一応99年の作品なのですが完璧に手触りが90年代中期です。悪いと言っているわけではなく個人的にはツボな時代で嬉しいです。特に跳ねたビートが気持ちいいアップはかなり高品質です。歌もジェントルな振る舞いが素晴らしいです。
おススメは「Say」や「Lets Make it gentle」、「I like the way」などの90年代的アーバンスロー群もいいのですが、ジェントルな振る舞いがたまらない跳ね曲がおススメです。「Hooked on lovin' you」などどれも最高ですが一曲を選ぶならばビートや、ジェントルな振る舞いがRALPH TRESVANTの「Sensivity」を彷彿とさせる「Love me back」が最高!
ほんとうに気持ちがいい曲が多いので跳ねた曲がすきな人には本当におススメです。

おススメ度★★★★(4.0)
[Everis / with love ... from me 2 u]の続きを読む
  1. 2008/03/09(日) 18:03:56|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Numberz / rock hard da ep

02年(?)作。全5曲。
クレジットがあんまりないので詳細不明な4人組。
このグループのウリは、ストロングさはないものの丁寧に重ねられた確かなコーラス。リードも2枚でなかなかいいのですがついついコーラスに惹かれてしまいます。
おススメはやっぱりスロー!「Rock hard」もそこそこカッコいいミッドなのですがスローの美麗さんは敵いません。中毒性のあるコーラスがたまらない「Exclusins」一番王道な美メロバラッド「Real love」静謐さを感じさせる「Request」のどれも最高です。
ミニアルバムだし、そんなに安いアルバムではないのでおススメはしませんが内容はとても良いと思います。
おススメ度★★★★(4.0) [Numberz / rock hard da ep]の続きを読む
  1. 2008/03/02(日) 23:30:24|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Few / same

03年作。全19曲
Dave hollistarに似ているとも言われるバリトンシンガーの1st。
ガツンと来るスローからゆるーいミッドも歌いこなしているので歌は上手いです。曲もアップは多少癖があるもののスローはレベル高いです。
おススメは、アップは不協和音気味のストリングスに琴が絡む妖しいサウンドの「If i」ミッドだとイントロから歌いこむ「I'll be」女性コーラスが気持ちがいいゆるーいミッド「Hip hugger」ファルセットを使ったりと硬軟緩急使い分けるボーカルが短いながら詰まった「Red head lover」スローだとシングルカットされてるらしい?濃いいスロー「Marriott」ネチッっこい歌唱が泣かせる「All out」女性コーラスが入っている分泣かせ度はこちらの方が上な「Marry me」あたりです。
バリトンを嫌ってほど味わえるアルバムです。
おススメ度★★★☆(3.5) [Few / same]の続きを読む
  1. 2008/03/02(日) 00:27:35|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0