WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Teddy riley live / billboard tokyo

行って来ました。六本木に。
R&Bを聴きはじめるきっかけになった人なので個人的にどうっっしても見たかった人なので見れてとても嬉しかったです。
浪人生だった時分にあったLIVEも中止になってしまったのでなおさらです。

で、感想は一言で言うと最高でした。
ADIDA名義なので少しばかり不安でしたが、TEDDYが歌うし踊るし、トークボックスにヴォコーダーの両刀使いで楽しめました。

歌の方は基本的にできるだけTeddyがやるようにしているので不満はないです。(又そういう曲を選んでいるように感じた)Aaron系の人が一番歌うまいと思います。あんまり歌は上手くないと各所で書かれていたけど私はJohnny gillしか生でシンガー見たことないからよくわからない。だってJohnny gillと比べるのって酷でしょう?そう悪くはないと思ったのですが。

曲はGUYの1ST、2ND、BLACKSREETの1ST、2NDが中心で他にもNJS曲をいくつかやりました。
以下が覚えている限りのやった曲です。覚えている限りなので抜け、ミス等あると思いますが、ご容赦ください。

Her、Spend the night,My fantasy,I wanna get with you, Booty call,Fix、Let's chill,Before let you go、Joy,Don't leave me,I like、Rump shaker、Remember of the time,Now thet we found love,just got paid,My Prerogative,No digity,Teddy's jam,Groove me

こんな感じです。結構やって欲しいところはやってる感じでいい選曲だと思いました。My fantasyはマニアックかなとも思いましたが。

個人的には「Booty call」「I wanna get with you」「Remember of the time~My prerogativeのTalk box メドレー」「Teddy's jam」そして〆の「Groove me」が失神しそうなくらいにヤバかったです。

因みにですが「Don't leave me」に関しては「G.O,O,D TIMES」を歌った
Full of harmonyが歌いました。結構上手くて感心してしまいました。
あとADIDAの新曲?もやりました。出来は微妙かな?あんまり歌が絡まない感じで、ゴリゴリのアップでもなし、ちょっと中途半端なテ出来だと感じました。ゴリゴリにするなら「Wizzy wow」とかみたいにゴリゴリにしたほうがいいのに。

時間も長めで一時間五十分程度だし、お客も凄く盛り上がってたし、音もよかったし(ドラマーが滅茶苦茶頑張ってたあんな跳ねた曲大変だっただろうに)とにかく最高でした。

またBlackstreetとしてくるみたいな事言っていたけど。実現するといいなぁ。
その時は2回いくと思います。 [Teddy riley live / billboard tokyo]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 01:59:02|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Skin deep / get u open

96年作。全10曲。
エロジャケな三人組。
ジャケとは違い中身は結構いい感じで力が抜けた曲が多く、リラックスして聞ける一枚。
おススメは2Pacの「Dear mama」と同ネタ(Joe sample「In my wildest dreams」)のゆるめのミッド「No more games」このアルバムで唯一力入り気味のアップ「Everybody」かな。
傑作というわけではないですが長く聴ける一枚だと思います。
おススメ度★★★☆(3.5) [Skin deep / get u open]の続きを読む
  1. 2007/09/28(金) 22:50:37|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Carl & eddie / don'cha ever call me

95年作。全10曲。
BMRのSoul diggerに掲載されたデュオ。
曲は自分達とEddieの方の多分奥さんのNieceyが書いているみたい。サックスが絡むムーディなブラコン調のお約束な曲作りがベタだけどいいです。歌もファルセットをかましたりしてなかなかいいですが、ロリ声女性コーラス(Niecey?)が可愛らしくて癖になります。
おススメはイントロの雷+電話のSEがいかにもって感じの「No more teas」にタイトル曲の「Don'cha ever call me」に曲に奥さんの名前付けるなよ・・・な「Niecey」です。
この時代のインディが好きならおススメです。
おススメ度★★★☆(3.5) [Carl & eddie / don'cha ever call me]の続きを読む
  1. 2007/09/25(火) 19:24:12|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ⅲ frum tha soul/what cha missin'

93年作。全12曲(2ndプレス盤)
オハイオ州の三人組。今回紹介はREMIXがついている2ndプレス盤。
歌はあのBig jimを擁するし、歌がうまいグループの話が出れば大体このグループの名前が挙がるだけあって上手い。曲もチープな音が多少見受けられるが水準は高い。
おススメはスローなら七曲目のメドレーBig jimなのだから歌いこなすのは当然ともいえるのだがやっぱり凄い。アップ群ならばBig jim以外がリードをこなす「Crazy about you」が良い。だがなんといっても「What cha missin」がこのアルバムの聴き所である。吼えるバリトン、厚いコーラス、跳ねたビートNJSの中でもトップクラスのかっこよさです。
因みに「what cha missin'」はこの2ndプレスのremixとシングルのremixは違うものです。
おススメ度★★★★☆(4.5) [Ⅲ frum tha soul/what cha missin']の続きを読む
  1. 2007/09/21(金) 19:08:44|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

V.A / one by one

01年作。全15曲。
Dreamworkから出る予定だった若手三人組。
ほぼ全曲Charactersだけあって曲は最高です。歌の方も瑞々しい歌声もいいしコーラスもレベルが高いです。
全曲良曲なのであえておススメをするのならばアップだとコーラスが絡みまくるのがうれしい「It's cool」、Debargeの「Stay with me」使いの切ないダンサー「Next to me」スローはTim&Bobの「Take care of yourself」シングル曲になるだけのことはある「I want you for myself」泣いたような振る舞いをするリードが切ない「I'm the man」などなどどれも最高ですがなんといっても「I'm done」が最高だと思います。瑞々しいリードとコーラスが若いときにしか出せない胸をぎゅうぎゅう締め付ける感じをかもし出していて思わず涙を浮かべてしまいそうになる名バラッドです。
値段に見合うだけの内容であることは保障します。おススメ!
おススメ度★★★★★(5.0) [V.A / one by one]の続きを読む
  1. 2007/09/19(水) 23:57:54|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Elate / who can i tell

9?年作。全16曲。
96年に1stを出した(以前に紹介)Elateの2nd。個人的にはインディソウルに手を出すきっかけになった盤。
歌はAaron hall系なリードに無骨で分厚いコーラスで上手い。曲は音数が少なめでシンプルに作っている。アップでは特にそのシンプルさが目立つため、スローの方が出来が良い感じ。
おススメはアップだとビートがチキチキしすぎだが「Can we talk」ミッドだと変則的で中毒性の高い「Drop down(hip hop)」。バージョン違いのLove mixはピアノだけのシンプルなメロディが歌を際立たせてかっこいいスローです。一番圧巻なのは、「Who can i tell」「I don't wanna lose your love」「Save it for real」の濃厚スロー三連発。歌力溢れすぎなスローに参ってしまいます。
コーラス好きなら間違いないです。
おススメ度★★★★★(5.0) [Elate / who can i tell]の続きを読む
  1. 2007/09/19(水) 21:53:52|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Riff / to whom it may concean

93年作。全13曲。
RIFFの2nd。このアルバムがきっかけでコーラスグループが好きになった個人的に思い入れがある盤。
内容は「Hold on me」などのゴリゴリのアップから「Voyage to atlantis」とかの名曲のカバーまで幅広く取り揃えている。コーラスも爽やかかつしっかりとこなれていて良い。
おススメはスローだとしっとりした前作にはない大人っぽい曲調の「Don't leave」、Switchのカバー「There’ll never be」辺り。ミッドだと若々しい「Don't go nowhere」アップだと個人的に大好きだけど他に褒める人がいない、Charactersプロデュースの「Adjust to love」そしてなんといってもRIFFの代表曲の「Judy had a boyfriend」爽やか且つ暖かみのあるコーラスが最高です!
おススメ度★★★★★(5.0) [Riff / to whom it may concean]の続きを読む
  1. 2007/09/19(水) 21:31:22|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一周年

当ブログも何とか一周年を迎えることができました。
めんどくさがりで引っ込み思案なものでまったく宣伝活動とかしないわりにアクセスが増えたのは、このブログを見つけてくださった皆様のおかげです。感謝しております。
といっても何もできないのですが・・・。

とりあえず今日は多めに更新します。

これから就職活動やら資格試験の勉強やらで更新が週2程度の低空飛行になってしまいますが、できればこれからも見ていただければありがたいです。
  1. 2007/09/19(水) 13:23:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

R.E.A.L / same

07年作。全17曲。
ワシントンのコンゴス三人組。
アップはロック風味とか変則ビートとか結構癖がある感じ。ミッドやスローは正統派で豊穣なコーラスが楽しめてコーラス好きにはたまらないです。曲も出来が良いです。
おススメはアップなら「Know you more」スローは「You are the only one」や「Lost」あたりがいいです。このアルバムで気に入ったのはミッド郡で流れるようなギターの旋律に体がゆったりと揺れる「Everything」にクールな振る舞いの「Wait」がかっこよくてすきです。
BOUT record さんで買えます。
おススメ度★★★★(4.0) [R.E.A.L / same]の続きを読む
  1. 2007/09/19(水) 00:21:30|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Ron anthony / ra

06年作。全15曲。
CDRでもともと出ていた作品をCDプレス+リマスター+一部作品差し替えで出した作品。
声は塩辛系で曲ごとに様々なカラーを見せられるだけの実力があり、曲はチープなところや無理めなところがなくスロー中心のいい曲ばかり。
ほぼアコギとビートのみのシンプルな展開で歌唱の機微を楽しむ「Call me」、フワフワした可愛らしい系統の「What's your name」「You and me」、コーラスのあったかさがたまらない「One love」辺りが個人的なお気に入りです。
おススメ度★★★★☆(4.5) [Ron anthony / ra]の続きを読む
  1. 2007/09/12(水) 22:44:56|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gordon chambers / love stories

07年作。全14曲。
数々の名曲を生み出したGordon chambers の2nd。
生音主体の耳馴染みのいいサウンドに目茶目茶上手なわけではないけど心地よく大人の感じがにじみ出る歌といい今回も出来はかなり良いです。
当然捨て曲はないけれど、個人的にはいたないような今にも泣き出しそうな切々とした歌い方がツボな「Still in bless in me」がすきです。勿論一位はBrawnstoneのセルフカバー「If you love me」シンプルにピアノ一本で歌う序盤がゾクっとします。
文句なし。
おススメ度★★★★☆(4.5) [Gordon chambers / love stories]の続きを読む
  1. 2007/09/09(日) 23:29:20|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stan mosley / standing tall

95年作。全4曲
去年辺りに「STEPPIN OUT 」というアルバムを出した人の1stEP。
サウンドは想像の通り90年代初期のインディに多いブラコン調。声はシブい塩辛ボイスでこういう系の声が好きならもうガッチりかと。
3曲ともスローでホーン絡みまくりのサウンドに塩辛ボイスが絡むタイプなんで一曲を選ぶのは難しいです。
まぁ前述の「STEPPIN OUT 」に3曲とも入ってるんでおススメはしません。結構チープな作りだし。
おススメ度★★★(3.0) [Stan mosley / standing tall]の続きを読む
  1. 2007/09/07(金) 23:26:08|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E j johnson / totally with me

99年作。全13曲。
Enchantmentの人。
もうこれを出した時はいい年だと思うのだがそんなことを微塵も感じさせない柔らかい歌声。テナーからファルセットに移行する時にすっと入ってって力みを感じさせないからだと思うがこの柔らかい声には驚いてしまう。曲は結構昔気質な感じなのでそんなに個人的には気に入るタイプの曲ではないのだが(出来が悪いわけではない)とにかく歌力でグイグイ引き込まれてしまう。
おススメは1~8曲目くらいのスロー全部。やっぱりスローの方が歌声が楽しめてよい。「I should've known」みたいなディスコ風味のアップもすきだけれどね。
歌重視な人におススメします。
おススメ度★★★★(4.0) [E j johnson / totally with me]の続きを読む
  1. 2007/09/01(土) 22:55:47|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0