WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

ジュラシック5 ライブ

ジュラシック5のライブに行きました。
場所は横浜ベイホール
横浜ベイホールは栄えている方と反対方向で駅から結構歩く魔境でした。
中はかなり小さく3~400くらいでいっぱいになる程度でした。
下手すれば前に行ったブルーノートより小さいです。
まぁ音はブルーノートよりかは全然良かったです。ブルーノートが酷かっただけですけど。
ライブ自体は凄く楽しくてオールドスクール風味が強いグループなので元々そういう盛り上がるのが多いのですが、さらにアレンジを加えたりして楽しいものになっちょりました。
ドラムマシンを即興でたたいたり、DJの腕を魅せたり、手をグーパーさせたり色々な演出とかがあって楽しいライブでした。
バイクに跨ってるところを想像してくれという前フリがあったのですが、その瞬間「A day at the race!」と客席から次にやる曲を当てられたりしてました。
あとやっぱり「Red hot」とか「What's golden」「Jayou」とかベタどころが盛り上がりましたね。曲は大体全部のアルバムを均等くらいに取り上げてました。あと要所要所にフリースタイルっぽいのも混じってました。
すごく楽しいライブでした。
また見れるといいなぁ
スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 10:34:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

All about you

97年作。全12曲。
UKの二人組。おそらくセルフプロデュース。
内容は派手さはないが手堅い感じでミッド~スロウのみの構成。ビートは結構硬めでHiphop soulとかそこらへんの時代の手触りに近いか。
おススメはHiphop soulっぽい「Celebrate tonight」RemixにはFull crewが絡んでいる「Fall 4 u」地味だが美メロ要素たっぷりの「Waiting for love」あたりがおススメ。
地味ながら良いアルバムですよ。
おススメ度★★★☆(3.5) [All about you]の続きを読む
  1. 2007/02/24(土) 15:36:13|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Twin/same

95年作。全14曲。
Cary greenとGary greenの双子のデュオ。曲作りも二人でしているみたい。
内容は、音が少々チープゆえかインディだからかブラコンっぽい感じも見受けられる。ミッド、スロー中心だが結構バランスに富んでいて飽きさせないようにはなっている。声は意外と若くディープさはないものの青臭い感じがして張り上げた時の声がかなり好み。
おススメはホーンの音が印象的な「Make u feel good」適度なテンポのミッド「My house」 スローなら「Situation」と青臭い声が堪能できる「Beyond ecstasy」が良い。
ディープなのを期待すると肩透かしを食らいますが、青臭いヴォーカルが好きならおススメします。
おススメ度★★★☆(3.5) [Twin/same]の続きを読む
  1. 2007/02/20(火) 23:35:32|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M&M/get ta know ya betta

92年作。全10曲。
Atlanticから出ている割には見つけにくい女性二人組。
内容はとにかくアップに良曲が多く、切ない高音の澄んだヴォーカルがたまらない。スローも出来が悪いわけではないがアップが良すぎるので霞む。
おススメはベタだが「Get ta know ya betta」Keith sweatの「keep it comin'」と同一のメロディーの「We're fallin apart」メロディー自体は硬い感じなのにヴォーカルのおかげで切ない「Talk to me」が強力。
NJSのビートが苦手って人以外は聴いて損はないと思います。 [M&M/get ta know ya betta]の続きを読む
  1. 2007/02/18(日) 22:08:29|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

713 seville/h-town got our back

0?年作。全16曲。CDR。DVD-Rがついてくる。
好事家の間では話題のグループらしい。体裁はCDRなのだが家のパソコンで焼いたかのような感じで少し凹む。
しかし内容は極上で、サウンドも良く、音質も思ったよりかは悪くない。コーラスもしっかりしているし、リードも2枚いる。(太目のテナーと少し甘酸っぱい感じのテナー)スローミッド中心で美メロが多いのがたまらない。
おススメ曲は甲乙つけがたいのだがミディアムの「What like that」ピアノの音色が綺麗な「Candy girl」エキゾチックというか、少し妖しい感じのトラックが印象的な「I remember」シンプルなトラックなのでコーラスが堪能できる「Marry me」あたりが個人的におススメ。
内容は極上なので手に入れられるのなら是非。
おススメ度★★★★★(5.0)
[713 seville/h-town got our back]の続きを読む
  1. 2007/02/14(水) 22:58:27|
  2. male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Jacci mcghee/same

92年作。全10曲。
Keith sweatの「Make it last forever」の人。そのためか「It hurts me」でKeithは少し歌っているし、「Good old fashioned love」ではプロデュースを担当している。
スロウもアップも両方ともいける良質なアルバムで、スロウなら前述の「It hurts me」カバーの「The closer i get to you」アップならファンキーな「Skeeza」ベタな作りながら良質なNJSの「Something on my mind」「What r u gonna do?」が良い。
安くて良質なアルバムなのでおススメです。
おススメ度★★★★(4.0) [Jacci mcghee/same]の続きを読む
  1. 2007/02/13(火) 11:05:58|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Code 3/best group never heard

99年作。全11曲。
実力に定評のあるグループ。
実際評判どおり、リードもコーラスもレベルが高い。サウンドは重めの曲が多く美メロ度は低め。曲そのものの出来は結構凡庸に思えるのだが、歌力のおかげでよい曲に聞こえてしまう。
一番のおススメ曲は「Getem down」このアルバム一番の美メロだと思います。コーラスもガンガン絡むのも嬉しい限り。
歌えるグループモノがどうしても聞きたいというのならばおススメします。
おススメ度★★★☆(3.5) [Code 3/best group never heard]の続きを読む
  1. 2007/02/12(月) 00:09:49|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jason weaver/love ambition

95年作。全9曲。
現在俳優として活躍中のJason weaverが出した1st。
Jason weaverの声は15歳らしい甘酸っぱい声。サウンドはベースを効かせてメロディー自体は音数少なめな感じ。それが甘酸っぱい声と調和が取れていい塩梅になっています。
お勧め曲はIsleyのカバー「For the love of you」にシングルカットされている「I can't stand the pain」は当然よいのですが、一番すきなのはキース・クロウチ製作の「So in love」結構シンプルに感じさせるメロディなのですが、サビの女性コーラスとあいまって物凄く甘酸っぱい作品に仕上がっています。
子供声がすきなら確実に気に入りますよ。
おススメ度★★★★☆(4.5) [Jason weaver/love ambition]の続きを読む
  1. 2007/02/09(金) 12:24:11|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Groove u/tender love

94年作。全11曲。
結構キャラクターズとかミキ・ブルーやらチャド。エリオットとかが参加している割には地味なアルバム。
内容も大変よく、NJS風味のアップも90'sらしいキラキラスローも押しなべて出来がいい。歌もいいし。でも地味。
お勧め曲はキャラクターズ製作のシングル曲「(Seek and you'll find) the kinda right baby」コーラスからうたまで優しげな「Tender love」キラキラした音が心擽る「Say u love me」
もっと評価されてもいいアルバムだと思うのですが。
おススメ度★★★★☆(4.5) [Groove u/tender love]の続きを読む
  1. 2007/02/08(木) 12:24:06|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bigg blue/color me badd

02年作。全9曲。CDR。プロモオンリー
元G.A.Tの人。プロモオンリーらしいがユニオンで売っていたみたい。
内容は哀愁系が中心かと思いきや、結構アップやチキチキした曲がおおい。スロウは2曲のみ。
おススメはスロウ2曲。ギターの音色が哀愁漂う「Who's dat」曲の作りは哀愁系ではないはずなのに声のおかげでどことなく哀愁の漂う「Love isn't love」が良いです。
個人的にはもっとスロウが聞きたかったです。
おススメ度★★★(3.0) [Bigg blue/color me badd]の続きを読む
  1. 2007/02/02(金) 09:42:46|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Phinace/in memory of

93年作。全7曲。
ナッシュビル産の五人組の唯一作。
内容は見た目どおりの昔気質のボーカルグループって感じ。歌はとても上手く、唯一あるNJSの「Paint me down」も軽々と歌いこなす実力の持ち主。リードはスムースなのとストロングなテナーの二枚。
おススメはアカペラとライブバージョンまで入っているチャンス「One chance」二枚のリード、コーラスも歌い上げ、途中で語りまで入る。ミディアムスロー「Hangin' on」が特によいのですが、残り二曲「Rainbow」「Season come & go」も歌力があって勿論良いです。
コーラス好きにおススメします。
おススメ度★★★☆(3.5)
[Phinace/in memory of]の続きを読む
  1. 2007/02/02(金) 09:42:16|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Kino watson/breakfast in bed

98年作。全11曲。
1st「True 2 the game」から2年経って出された2nd。
この人は歌声がヘタレなので多重録音や独自のなよっちいメロウさを持った雰囲気で押していくタイプの人です。
内容は前述したとおりメロウな雰囲気で押してくるので、それが気に入るか気に入らないかで大きく分かれると思います。
おススメ曲はこのアルバムで最もこの人らしさを出していると思う「Never meant 2 make u cry」、メロウさを貫きながらもきちんとグルーブ感は残しているミッド「I'm ready」が特におススメ。
前作のように「Get u open」や「Bring it on」クラスの曲がないので、ヘタレ好きにおススメします。
おススメ度★★★☆(3.5) [Kino watson/breakfast in bed]の続きを読む
  1. 2007/02/02(金) 08:27:46|
  2. 90's male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0