WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Stick / The man and his music

2000年作。全18曲。
H-townなどのプロデュースでおなじみなプロデューサーのソロアルバム。
といっても他のアーティストにラップや歌わせてるので、プロデュース曲のコンピみたいな感じでしょうか。前半G-RAP、後半6曲歌って感じです。このブログ的な聞き所としては当然後半になります。
おススメは自身のグループO FLAVA PSIの「Ain't no high」と「If I say luv U」(アルバム未収録?)。Alexander O'neal のカバーでEric Gableが歌う「If you were here 2 night」、一番はPlatinumという3人組のグループが歌う粘着性の夜向きの甘いバラッド「A man's plea」がおススメです。
そんなに高くないので、Bishop "Stick" Burrellmの入門としてはいいと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)
stick (2)
stick (1)
[Stick / The man and his music]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/11/23(木) 23:32:33|
  2. Hip hop
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dougie dee / Do you wanna ride?

93年作。全10曲。
Marc gordonとかVincent herbertとかR&B系のproducerがプロデュースしているラッパーのアルバムです。あとRaphael Saadiqもですね。前半歌モノ、後半王道なhiphopってつくりです。
このブログ的にはやはり前半がおススメで、どれもなかなか良質です。
後にMark moralesがセルフカバーする「Trippin’ out」、Venessa williamsがボーカルの大ネタ曲「The 2 of us」、Raphael sadeeqとTimothy christianプロデュースのトニーズらしいまったりメロウの「You know i'm stranger」、これもRaphaelプロデュースのタイトル通りの大ネタ曲「Ain't no sunshine」、艶やかな女性ボーカルに乗せたNew jackなトラックがスキモノにはたまらない「Do you wanna ride」,
Brian mcknightがボーカルな疾走感のある歌ラップ「You're my kinda lady」がおススメ!
安くて良質な曲が多いのでおススメですよ。
おすすめ度★★★★☆(4.5) [Dougie dee / Do you wanna ride?]の続きを読む
  1. 2017/05/26(金) 19:44:11|
  2. Hip hop
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Powwah / in tha wild

10年作。全17曲
J-DUVがらみのラッパーさんです。
G-RAP系ですが、それでもかなり歌成分が多めの曲が多く、意外と楽しめます。RAP面はテクはわかりませんが、渋い声で割と好きな声質です。
おすすめは、クロい音に歌うようにRAPするので歌ものとして聞ける「Hook up」、ソウル系のサンプリングしたバックにシンガーが絡む王道展開にやられる「Talkincrazy」、清涼感あるトラックに女性シンガーがまた爽やかな華を添える「Starsoftheshow」、サビの男性ボーカルの熱唱に90年代のような熱さを感じる「Electricflowerwiresuctionhustler」、個人的に一番はJ-DUVプロデュースではないですが、男性ボーカルのバックがとても歌心を刺激する「Biggerthanamoviescrazy」です。
なかなか良いですよ。
おすすめ度★★★☆(3.5) [Powwah / in tha wild]の続きを読む
  1. 2011/08/14(日) 10:07:49|
  2. Hip hop
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Deezer D / unpredictable

?年作。全15曲。
サウスセントラルのラッパーの2nd。俳優でもあるらしいですね。1stはココ
ゴリゴリめの重い曲やメロウや、軽やかなファンク幅は広く、質は高い。特にメロウなのとファンク系の完成度は高く、G-RAPに馴染みがない人でも聴きやすいかと思います。
おススメは歌がらみでないもののなかなか魅力的なメロディな「Too late」、ベタに「True」使いの「Ya'll in tha' house」、軽やかなG-Funk「Somethin' to do」、Zappテイストなメロディが非常に楽しい「Let it go」、生意気そうな女性ボーカルが可愛らしい「Hey now」、ヴォコーダーを使ったちょいと電子音強めのファンク「Ese and tha' bro」、歌がらみの疾走感のある正統派Funk「Raise tha' roof」
一番のおススメは全編男性ボーカルが絡む直球メロウの「Happy/Higher」です。
なかなか聴きやすくていいですよ。HMVが一番安いかと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)
deezerd1.jpg
deezerd2.jpg
[Deezer D / unpredictable]の続きを読む
  1. 2010/10/16(土) 11:15:58|
  2. Hip hop
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brothz comin up / All nite long

94年作。全5曲。
G womackの在籍していたRAPグループのシングル。
「All nite long」と「Born and rised」の2曲とそのremixを収録。
「All nite long」はまずRadio versionとStraight remixは女性シンガーがサビでガンガン絡んでくるゆるいメロウなミッドで、この時代のG-RAPと聞けばなかなか。Big boy remixは「Too hot」ネタでサビはユルめのヘタウマな感じで歌ってくれます。
「Born and raised」はシンセなどゴリめな感じのトラックに、G womackがしっかりと歌いこんでくれます。ただ、あのファルセットはないです。
この時代のG-RAPとして聴けばけっこういい曲だと思いますが、まだシンガーとしてはヘタウマくらいな感じなので、マニア向け、G好き向けかなと思います。
brothz comin up2
brothz comin up
  1. 2009/12/13(日) 22:36:41|
  2. Hip hop
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ