WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Drama / open invitation

94年作。全13曲。
Gerald leverdがバックアップしているグループとしておなじみのグループの唯一作。大半の曲をGerald leverdとEdwin nicholasが手掛けています。なのでこの時代のGerald leverdらしいちょっとこなれないでもソコが魅力なHiphop soulが満載です。
おすすめ曲は、アップだとこなれない感じが一番出ている「No games」、Lo-KeyのLance alexanderと、Tony tolbert作の「Good 'N' plenty」が気持ちいいです。ミッドだと派手な曲調でないのにキラキラ感がたまらない「Does it get any better」、重めの曲調なのに歌声で軽やかさが出ているゆるい「See me」、スロウは濃密な曲調がたまらない「From girl to boy」、「Open invitation」がおススメです。
安いはずなんで見つけたらぜひ手に取ってみてください。
おススメ度★★★★☆(4.5)
image12 (1)
[Drama / open invitation]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/10/10(火) 22:44:19|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Trisha covington / Call me

94年作。全12曲。
シングル曲「Why you wanna play me out?」がそこそこ知られたシンガーの唯一作。
この時代らしいHiiphop soul曲が満載でどれもなかなか高水準。ただソツがない感じなのでそれが埋もれてしまった原因なのかもしれません。
おすすめ曲は溌剌とした歌唱が好ましいシングル曲「Why you wanna play me out?」、Marc nelson作のミディアム「Slow down」、ねばっこい男性コーラスがかっこいいミッド「So tight」、可愛らしい歌とHiphopの手触りのトラックの取り合わせが楽しい「Givin up to you」、男性コーラスが濃密さを醸し出していてたまらないスロウ「Don't leve me lonely」です。
安くて良質!おススメです。
おススメ度★★★★(4.0)
image13.jpg
image14.jpg
[Trisha covington / Call me]の続きを読む
  1. 2017/07/27(木) 18:53:58|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Premiere / same

96年作。全11曲。
Foster & Mcelroyプロデュースの女性3人組グループ。
見た目通り若くてかわいらしい声だけど甘すぎないカッコよさを出したグループで、90年代中期のHiphop感あるトラックとあいまってなかなか得難い魅力の、カッコかわいいグループです。
どの曲もかなり高水準なので好みの曲を挙げていくと、シングルカット曲の「Somethin' about you」、かわいいコーラスの魅力がたっぷりなミッド「If you want my love」、甘すぎないクールな印象を受けるボーカルが特色なミッド「No vone love me like u do」、シンプルなループでHiphop色が強いミッド「Before i let go」、Slaveの「Just a touch」のフレーズを使った「Nothing but love」、「Float on」を下敷きにしたような浮遊感のあるミッド「Spread love」。スロウだと聞かせるタイプの「Somethin' Just ain't right」、美メロ路線な「Stay」がおススメ。
安いのでおススメですよ。
おすすめ度★★★★(4.0) [Premiere / same]の続きを読む
  1. 2017/05/13(土) 00:17:52|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tha truth ! / Makin' moves...everyday

97年作。全12曲。
ネタ使いの曲や客演にRed man や Keith murray、プロデューサーにErick sermon参加してたりHiphop色の強い女性3人組グループです。Hiphop色強いけどしっかりメロウな部分はメロウだしHiphop soulとしての完成度はかなり高いと思います。歌はあまり主張が強くないですが、それがコーラスや曲との親和性を強めていい感じのスムースさや世界観を作っているように思います。
曲は正直捨て曲ないので好きな曲だけ挙げると、このグループの歌唱の特徴が出ているかわいらしいスロウ「Don't rush」「Candy」、粘度高めな歌唱が夜っぽさを高めてくれる「U better be ready」、IntroのKenny greeneが完全に主役な「What u do 2 me」、大ネタ「Between the sheets」使いの「Makin' moves」、個人的には一番好きなGuyの「Piece of my love」使いの切ない胸をかきむしられるようなスロウ「If i show u」です。
時代問わずいい曲だと思うし、安いのでおススメです。
おすすめ度★★★★★(5.0)
image7.jpg
image8.jpg
[Tha truth ! / Makin' moves...everyday]の続きを読む
  1. 2017/03/05(日) 10:08:49|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tenderoni / Westside harmony

96年作。全11曲。
Timmy gatlingプロデュース曲が含まれてるので有名?な4人組コーラスグループ。
結構若くて平均年齢16歳位だけどそれを感じさせないけっこうこなれた歌唱で、同時代の女性コーラスグループと比べても遜色ないかも。曲も結構大人びたスロウを歌っていてなかなか良く、正直インディっぽさは感じない。
おススメはColor me baddの「How deep」のスロウ版って感じのスロウ「In a distance」、The emotionsカバーの「Don't ask my neighbor」、寂しげな雰囲気ですごく大人びた印象を受けるスロウ「It's not too late for love」、しっとりと落ち着いたメロディのスロウ「Precious moments」が一番スロウでは好きかな。
重めだがしっかりとビートの効いたミディアム「Let it go」、ビートは薄いもののタイトル通りクールな雰囲気を漂わせた「Coolikedat」、「Brizilian rhyme」ネタなど名フレーズをちりばめたある意味年齢らしいカラフルな「Back 2 Dr groove」、けっこうBPM早めで軽めに仕立てた「Let's stay together」、2分弱の小品だけどミュージカルっぽくて可愛らしい「Hold tight (giv'em mama)」が一番お気に入りだったりします。
ジャケとかの印象と違って結構落ち着いたグループです。
内容はなかなかいいけどあまり見つけにくいからおススメ度は抑え目で。
おススメ度★★★☆(3.5)
tenderoni2.jpg

tenderoni.jpg
[Tenderoni / Westside harmony]の続きを読む
  1. 2012/04/01(日) 01:49:09|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ