WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Harmony innocents / H.I.... Naturally

95年作。全11曲。Juicy2掲載。
NYのインディレーベルから出た3.人組ボーカルグループ。17、18歳くらいみたいです。
内容はインディながら曲も粒ぞろいで、ボーカルも突き放したような歌いまわしのリードも、こなれたコーラスもなかなかクオリティ高くこの時代がツボなら間違いなく楽しめます。アップよりもスロウ系に持ち味が出ている印象です。
おすすめ曲はアップなら溌剌とした可愛らしさが出た「Get wit u」、スロウ系ならthe Average White Bandの「A Love Of Your Own」のカバーというかかなり引用した「Love combined」、Isleyの「Summer breeze」使いの「Don't tell me it's over」、やっぱり一番は抑え目でだけど綺麗なメロディがリードの歌声を引き立てて、情感たっぷりの切ないバラッドとなっている「That's what i like」です。
90年代中盤がツボなら間違いない一枚です。
おススメ度★★★★(4.0)
HI (1)
HI (2)
[Harmony innocents / H.I.... Naturally]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/05/26(土) 18:31:01|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eboni foster / Just what you want

98年作。全11曲。
元Nuttin nyceのソロ作。
グループの時から発揮されていた可愛い歌声はそのままに、グループはGテイストがあったもののソロはそういう尖った曲がなく素直に彼女の魅力を出す感じで、女性らしさが相当増している感じ。
楽曲はどれも良質なので自分の好みを書くと、素直な美メロでど真ん中ストレートな楽曲が好ましいスロウ「You give love」、そんなに目立たないがDwayne wigginsを地味にfeaturingした「It's ok」、クールな女性という感じの路線もいける「More than words」、自身のコーラスも含めて切ない歌声がツボな「I can turn you on」、Anson dawkinsのバックコーラスが効いた短いけど締めにふさわしいスロウ「Look beyond」、一番いいのはシングル曲でもある「Crazy for love」です。やっぱりこの曲が一番可愛くてキャッチ―ですね。
あんまり取り上げられない盤のようですがいいアルバムだと思います。
おススメ度★★★★☆(4.5)
ebonifoster (1)
ebonifoster (2)
[Eboni foster / Just what you want]の続きを読む
  1. 2018/02/24(土) 21:02:22|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Drama / open invitation

94年作。全13曲。
Gerald leverdがバックアップしているグループとしておなじみのグループの唯一作。大半の曲をGerald leverdとEdwin nicholasが手掛けています。なのでこの時代のGerald leverdらしいちょっとこなれないでもソコが魅力なHiphop soulが満載です。
おすすめ曲は、アップだとこなれない感じが一番出ている「No games」、Lo-KeyのLance alexanderと、Tony tolbert作の「Good 'N' plenty」が気持ちいいです。ミッドだと派手な曲調でないのにキラキラ感がたまらない「Does it get any better」、重めの曲調なのに歌声で軽やかさが出ているゆるい「See me」、スロウは濃密な曲調がたまらない「From girl to boy」、「Open invitation」がおススメです。
安いはずなんで見つけたらぜひ手に取ってみてください。
おススメ度★★★★☆(4.5)
image12 (1)
[Drama / open invitation]の続きを読む
  1. 2017/10/10(火) 22:44:19|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Trisha covington / Call me

94年作。全12曲。
シングル曲「Why you wanna play me out?」がそこそこ知られたシンガーの唯一作。
この時代らしいHiiphop soul曲が満載でどれもなかなか高水準。ただソツがない感じなのでそれが埋もれてしまった原因なのかもしれません。
おすすめ曲は溌剌とした歌唱が好ましいシングル曲「Why you wanna play me out?」、Marc nelson作のミディアム「Slow down」、ねばっこい男性コーラスがかっこいいミッド「So tight」、可愛らしい歌とHiphopの手触りのトラックの取り合わせが楽しい「Givin up to you」、男性コーラスが濃密さを醸し出していてたまらないスロウ「Don't leve me lonely」です。
安くて良質!おススメです。
おススメ度★★★★(4.0)
image13.jpg
image14.jpg
[Trisha covington / Call me]の続きを読む
  1. 2017/07/27(木) 18:53:58|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Premiere / same

96年作。全11曲。
Foster & Mcelroyプロデュースの女性3人組グループ。
見た目通り若くてかわいらしい声だけど甘すぎないカッコよさを出したグループで、90年代中期のHiphop感あるトラックとあいまってなかなか得難い魅力の、カッコかわいいグループです。
どの曲もかなり高水準なので好みの曲を挙げていくと、シングルカット曲の「Somethin' about you」、かわいいコーラスの魅力がたっぷりなミッド「If you want my love」、甘すぎないクールな印象を受けるボーカルが特色なミッド「No vone love me like u do」、シンプルなループでHiphop色が強いミッド「Before i let go」、Slaveの「Just a touch」のフレーズを使った「Nothing but love」、「Float on」を下敷きにしたような浮遊感のあるミッド「Spread love」。スロウだと聞かせるタイプの「Somethin' Just ain't right」、美メロ路線な「Stay」がおススメ。
安いのでおススメですよ。
おすすめ度★★★★(4.0) [Premiere / same]の続きを読む
  1. 2017/05/13(土) 00:17:52|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ