WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

G.A.T / just another day

95年作。全13曲。
Coolio絡みの4人組コーラスグループ。
歌はそんなにうまくないけどそこが味なファルセットや、その分コーラスに重きを置かれてなかなかコーラス好きにはたまらないです。Gっぽいというかこの時代の西っぽいメロウさでこれまたこのグループらしい味があっていい感じです。
おすすめ曲というか気に入った曲は「Be thankful for what you got」ネタの「Endonishia」、Saxも絡んだ夜向きのミッド「Doin' my time」、Gらしいメロウさがたまらない「Something' going wrong」、ちょっとアップ気味の「Peace up on it」、まったりメロウな「Feelin' blue」がおススメです。
安いけどいいアルバムです。メロウ好きにおススメです。
おススメ度★★★★(4.0) [G.A.T / just another day]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/06/20(火) 19:37:25|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Tabernacle / jesus is calling

99年作。全10曲。
Miki bleu作の曲が2曲収録のコンゴスグループ。
実はこのグループアカペラグループなんです。歌力はかなり高くアップはかなりグルーヴィだし、スロウはコーラスの繊細さが見えてかなり良い。のだけれどもやっぱりアカペラなのでちょっとおススメできないし、メロディのある曲を聴きたいなぁと身もだえするグループです。
Miki bleuに惹かれてもアカペラ好き以外は買わないほうがいいと思います。
  1. 2012/12/16(日) 18:32:13|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Soultry / same

95年作。全11曲。
スーツ姿+セピアジャケがなんとも歌える感を醸し出してる4人組。
アップはウェッサイ調のピーヒャラシンセに固く強調されたスネアが特徴的。スロウのほうが幅広く、特に泣きのスロウがバリエーション豊富だし内容も抜群。
おススメはアップも素敵ですが、スロウです。Soul conventionプロデュースの甘いメロウなメロディに、ハイトーン目だが落ち着いたコーラスに涙誘われる「What i want」、女性ボーカルも加え厚みを持たせた濃密スロウ「Sex in the rain」、Mint conditionのStokleyがプロデュースに参加した「Can i get to know you」、Mintらしいスロウの「Where do broken heart belomg」、じっくりとコーラスを聞かせる「I know all long」がおススメ。
良いグループです。安いし。おススメ。
おススメ度★★★★(4.0) [Soultry / same]の続きを読む
  1. 2012/12/02(日) 20:04:41|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GI / The next dimension

11年作。全13曲。
コンゴスグループの1人減の最新作。
前作に比べて、現行シーンの音を取り入れてる感じでアップに関してはレベルが上がっている。ただスロウが少な目なのでスロウ好きには食いだりないかも。
おススメはエレクトロ路線のミディアム「Only you」、疾走感がある「Daydreamin`」、綺麗さと重さを持ったスロウ「Forever we will worship」、ゴスグループらしいスロウ「There's only one name」、個人的には一番の人数減を感じさせない広がりのあるスロウ「I choose you」です。
個人的にはもう少しスロウがあるとよかったですがよくできたアルバムです。
おススメ度★★★☆(3.5)
gi3.jpg
gi4.jpg
[GI / The next dimension]の続きを読む
  1. 2012/01/15(日) 13:12:20|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ideal / The real ideal

99年作。全12曲。
Bishop burrelが勝手に出したと言われてる「Ideal」のインディ作。
実はメジャー盤は聞いてない……ので比較はできないのですが、全曲Bishop burrel作なので90年代らしい粘着質で骨太なスロウと、90年代らしいドス黒さにあふれたミッドと大変個人的なツボにハマりまくる作品です。
オーケストラヒットの使い方が非常にうまくてかっこいいミッド「Keep it real」若いグループとは思えないネトネトな語りから入るメロウなスロウ「Get ready」、グッとテンポを落として粘度をさらに高めたスロウ「Whatcha gonna do」、トークボックス使いの部分よりも固いコーラスのかっこよさにやられる「Come myh way」綺麗目のサウンドの「Our favorite song」、爽やかなサウンドも歌いこなし飽きさせない「Sentimental」、女の喘ぎ声全開のBaby makin' musicな「More & grown」、スロウ中心の中だと一際かっこよさが際立つ「I don't know what to do」、年相応のスロウも「You're my everything」もいい。H-Town系のねっとりとしたグルーブのあるスロウ「Show me」、波のSEから印象を受けるとおりの厚いコーラスに揺蕩うような「Rise again」と全曲自分好みです。
今年もこういう自分好みな作品を聞けるといいなと思います。
おススメ度★★★★☆(4.5)
ideal.jpg

ideal2.jpg
[Ideal / The real ideal]の続きを読む
  1. 2012/01/01(日) 00:00:00|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ