WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Maverick gaither / Be my music

12年作。全11曲。
NYのサックス奏者&ボーカリストのアルバム。基本的にはソウルを意識した気持ちがいい生音っぽいサウンドにジャズの要素がいいアクセントを与えている感じ。インストなどを除けば基本的にセルフプロデュースでどの楽曲もなかなか高レベル、歌には癖がなく悪く言えばインパクトには欠けるのだが、その分スムースな曲には相性が良い感じ。
おすすめ曲はバックも自身が行っているので癖のなさや温かみのある歌唱が楽しめるスムースなアップ「Luv luv luv」、ジャズよりなサウンドに自身もサックスを披露するミッド「Be my music」、ゆるい雰囲気すら漂うスロウ「Bonnie」、女性ボーカルのおかげですごく華やかな感じの「No one but you」、一番はCheryl pspsii Rileyとのデュエット曲であるスロウ「For the love of my life」です。割とほかの曲だとスムースに歌うのに、この曲は濃密に歌うところも含めて凄く聴きごたえのあるスロウです!
Amazonだと手に入れやすそうですね。そんなに高くないのでおススメです。
おススメ度★★★★★(5.0)
[Maverick gaither / Be my music]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/04/07(土) 14:09:34|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Smooth Approach / 2G Tribe Jams

00年作。全11曲。
野球をテーマにしたアルバムです。Smooth approachのメンバーが基本produceしてますが、全曲Smooth approachではなく女性シンガーやRapperの曲もあります。
おススメはJason McDonaldという人が歌っている「Show some love」とSmooth approachのグルーヴィなミッド「Rollin' with the tribe」です。というかほかの曲は正直いまいちです。
オクとかで高値で出ているのも見たことありますが、正直そんなにレアでもないし、内容良くありません。
おススメ度★(1.0)
SA (2)
SA (1)
[Smooth Approach / 2G Tribe Jams]の続きを読む
  1. 2018/03/28(水) 23:23:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Color me badd / Now & forever

96年作。全11曲。
Color me baddの3作目。John BやTricky Stewartなど結構いいプロデューサーを使っている。またもっとアイドル臭いのかな?と思いきやR&Bとして良質な曲の多いなかなかの佳作です。
おススメはRobin thickeがCo-producerのミッド「Sexual capacity」、柔らかく確かに重ねられたコーラスに引き付けられる「Ooh tonight」、エロく粘着質な曲もいける「Ain't nobody goin' home」、Chucky thomsonプロデュースのFaith evans参加のミッド「On my mind」、一番はタイトル通りの優しく、甘いミッド「Soft 'N' easy」。この曲が一番このグループの良いところを引き出している気がします。
良質で安いし手に入りやすいしで本当にいいアルバムです。
おススメ度★★★★(4.0)
CMB (2)
CMB (1)
[Color me badd / Now & forever]の続きを読む
  1. 2018/03/10(土) 19:32:19|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eboni foster / Just what you want

98年作。全11曲。
元Nuttin nyceのソロ作。
グループの時から発揮されていた可愛い歌声はそのままに、グループはGテイストがあったもののソロはそういう尖った曲がなく素直に彼女の魅力を出す感じで、女性らしさが相当増している感じ。
楽曲はどれも良質なので自分の好みを書くと、素直な美メロでど真ん中ストレートな楽曲が好ましいスロウ「You give love」、そんなに目立たないがDwayne wigginsを地味にfeaturingした「It's ok」、クールな女性という感じの路線もいける「More than words」、自身のコーラスも含めて切ない歌声がツボな「I can turn you on」、Anson dawkinsのバックコーラスが効いた短いけど締めにふさわしいスロウ「Look beyond」、一番いいのはシングル曲でもある「Crazy for love」です。やっぱりこの曲が一番可愛くてキャッチ―ですね。
あんまり取り上げられない盤のようですがいいアルバムだと思います。
おススメ度★★★★☆(4.5)
ebonifoster (1)
ebonifoster (2)
[Eboni foster / Just what you want]の続きを読む
  1. 2018/02/24(土) 21:02:22|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Angelo remon / Blaq soul

14年作。全10曲。
元Renaizzanceの人です。日本盤もあり。
全体的に手堅いつくりで流行りよりかは実直なR&Bで、ファルセット交じりの歌唱も含め大変良質なアルバムです。全体的にミッド~スロウ中心で大人が聞くに堪えうる良質な楽曲群だと思います。
お気に入りはサビへの盛り上がりがたまらない「Real love」、アルバム全体の良いアクセントになるStepperの「Foxxy lady」、ファルセットがなきを誘う「Can'tgo there」、一番はアーバンな感じで大人感が素晴らしい美メロスロウ「Coming over」です。
まだ手に入れやすいのでおススメです!
おススメ度★★★★☆(4.5)
Angelo remon (1)
Angelo remon (2)
[Angelo remon / Blaq soul]の続きを読む
  1. 2018/02/17(土) 19:45:57|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ