WE CAN SWING IT

90年代の男性ボーカルグループや最近のインディR&Bを中心に紹介するブログです。あまり知識がない管理人ですが頑張ってつらつら書いていこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

Stepchild / same

95年作。全15曲。JUICY2掲載。
SOUL+GOSPEL+HIPHOP+JAZZなDoohopグループだそうだ。確かに90年代中期のHiphopっぽい感触がある。実際プロデューサーのShaquil Tajh-Allahは Ice Cube, Queen Latifah, やAli Shaheed Muhammadの裏方仕事をしてたらしい。
歌の方はうまいわけではないのだがコーラスを上手に生かして独特の世界観を作り出しています。
おススメは1stシングルだけあってとっつきやすい「Hangin' around (sicka gettin' treated...)」、分厚いわけではないが幾重にも重ねられたコーラスが中毒的な魅力を出しているダウナーなミッド「Chill with you」、ちょっと80年代っぽいシンセの音色がアーバンっぽさを出している「#@?!in' wit me」、このグループにしては珍しく明るいミッド「Sun will shine」、時折鳴る弦楽器がどことなくオリエンタルな香りのするトラックの「Asia」あたりがおススメです。
すごく中毒的な魅力のあるグループです。90年代HIPHOP好きなら猶更はまるかもしれません。
おススメ度★★★★(4.0)
stepchild (1)
stepchild (2)
[Stepchild / same]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/06/14(木) 23:45:53|
  2. 90's male vocal group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Harmony innocents / H.I.... Naturally

95年作。全11曲。Juicy2掲載。
NYのインディレーベルから出た3.人組ボーカルグループ。17、18歳くらいみたいです。
内容はインディながら曲も粒ぞろいで、ボーカルも突き放したような歌いまわしのリードも、こなれたコーラスもなかなかクオリティ高くこの時代がツボなら間違いなく楽しめます。アップよりもスロウ系に持ち味が出ている印象です。
おすすめ曲はアップなら溌剌とした可愛らしさが出た「Get wit u」、スロウ系ならthe Average White Bandの「A Love Of Your Own」のカバーというかかなり引用した「Love combined」、Isleyの「Summer breeze」使いの「Don't tell me it's over」、やっぱり一番は抑え目でだけど綺麗なメロディがリードの歌声を引き立てて、情感たっぷりの切ないバラッドとなっている「That's what i like」です。
90年代中盤がツボなら間違いない一枚です。
おススメ度★★★★(4.0)
HI (1)
HI (2)
[Harmony innocents / H.I.... Naturally]の続きを読む
  1. 2018/05/26(土) 18:31:01|
  2. female
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Marq lamont / Back to my bedroom

17年作。全12曲。CDR
コンプトンの人らしいです。たぶん2ndアルバム。
90年代後半~00年代前半くらいの音作りを目指したらしく、確かにここら辺っぽい音のスロウが満載というか全編スロウです。曲調はよく聞くと結構バリエーションあるのですが、全体的に自身のボーカル含めて地味なので単調に聞こえるのが惜しいなと思います。
おすすめ曲は、重く音を抑えたバックが印象的な濃密なスロウ「Back to my bedroom」、女性コーラスを加え艶っぽさが出た「Do U think about me ?」、ネタ使いっぽい雰囲気のトラックに女性ボーカルをfeatした「So good」、このアルバムにはめずらしく明るい雰囲気がアクセントになってよい「My angel love」、これも結構トラックが抑え目だが多重コーラスがアクセントになってよい「Up & down」、Blaq thompsonというシンガーをfeatしたメロウ度が高めの「Don't wanna」あたりがおススメ。
地味なので万人受けしないと思いますが、このblogを見るような人ならかなりツボだと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)
marqlamont.jpg
marqlamont2.jpg
[Marq lamont / Back to my bedroom]の続きを読む
  1. 2018/05/06(日) 17:14:17|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Martin kember / Cycles

09年作。全14曲。
元AZ-1の人の2nd。
曲はMartin kember自身とInnsomniax、Heatwaveという人がプロデュースしている。全体的に黒さがなく、綺麗なR&BをしておりアップはモロStargate系。スロウの方が全部綺麗だけどバリエーションがあって聞きどころが多いように思います。ちょっと細いけど切なさをかきたてるテナーがツボにはまるとなかなか破壊力が高いです。
おススメはInnsomniaxプロデュースのタイトル曲の「Cycles」、静かに抑えられたバックがボーカルの切なさを際立たせるスロウ「Let's make a baby」です。他の曲もつくりのレベルは高いですよ。
綺麗めのR&Bが好きな人にはたまらないと思います。
おススメ度★★★☆(3.5)
martinkember (1)
martinkember (2)
[Martin kember / Cycles]の続きを読む
  1. 2018/04/30(月) 17:01:27|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Maverick gaither / Be my music

12年作。全11曲。
NYのサックス奏者&ボーカリストのアルバム。基本的にはソウルを意識した気持ちがいい生音っぽいサウンドにジャズの要素がいいアクセントを与えている感じ。インストなどを除けば基本的にセルフプロデュースでどの楽曲もなかなか高レベル、歌には癖がなく悪く言えばインパクトには欠けるのだが、その分スムースな曲には相性が良い感じ。
おすすめ曲はバックも自身が行っているので癖のなさや温かみのある歌唱が楽しめるスムースなアップ「Luv luv luv」、ジャズよりなサウンドに自身もサックスを披露するミッド「Be my music」、ゆるい雰囲気すら漂うスロウ「Bonnie」、女性ボーカルのおかげですごく華やかな感じの「No one but you」、一番はCheryl pspsii Rileyとのデュエット曲であるスロウ「For the love of my life」です。割とほかの曲だとスムースに歌うのに、この曲は濃密に歌うところも含めて凄く聴きごたえのあるスロウです!
Amazonだと手に入れやすそうですね。そんなに高くないのでおススメです。
おススメ度★★★★★(5.0)
marverik (2)
marverik (1)
[Maverick gaither / Be my music]の続きを読む
  1. 2018/04/07(土) 14:09:34|
  2. male
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ